竹之内 明子(たけのうち あきこ、1931年2月26日[1]- )は、英文学者、梅花女子大学名誉教授。

神戸市生まれ。父は銀行員の金田俊郎。東京女子大学卒業、大阪大学大学院博士課程中退、1976年梅花女子大学英米文学科教授、2001年定年退任。英国演劇を専攻し、シェリダンゴールドスミスなどの18世紀喜劇を翻訳したほか、ジョージ・エリオットの『ダニエル・デロンダ』を初めて全訳した。

編纂編集

  • 金田俊郎『65年前の洋行 銀行マンが見た1937年の世界』編 文芸社 2003

翻訳編集

  • ジョン・ドライデン『恋ぞすべて 世界を失いて悔いなし』日本教育研究センター 1986
  • ジョージ・エリオット『ダニエル・デロンダ』全4巻 日本教育研究センター 1987-88
  • R.B.シェリダン『悪口学校』日本教育研究センター 1989
  • R.B.シェリダン『恋がたき』日本教育研究センター 1990
  • O.ゴールドスミス『負けるが勝ち または、一夜の取り違え』日本教育研究センター 1992
  • O.ゴールドスミス『お人好し』日本教育研究センター 1994
  • トワイマン・L.タワリー『狼たちの知恵 個人として組織人として成功する18の法則』DHC 1999

参考編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年