竹内実 (バレーボール)

日本のバレーボール選手

竹内 実(たけうち みのる、1971年2月23日 - )は、日本の男子バレーボール選手である。元全日本代表

竹内 実
Minoru Takeuchi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1971-02-23) 1971年2月23日(53歳)
出身地 日本の旗 神奈川県川崎市
ラテン文字 Minoru Takeuchi
身長 190cm
体重 82kg
選手情報
所属 NECレッドロケッツ
役職 アカデミースタッフ
ポジション レフト
指高 254cm
利き手
スパイク 345cm
ブロック 320cm
テンプレートを表示

来歴

編集

神奈川県川崎市出身。中央大学卒業後、NKKナイツに入部し、アタッカーとして活躍。第26回日本リーグ(1993年)ではサーブ賞を獲得している。

NKKの休部に伴い、1994年にNECブルーロケッツへ移籍。

90年代後半の日本代表チームにおいて、キレのあるスパイクを武器に活躍する一方、所属チームのNECでもチームのリーグ優勝に貢献し、当時のバレー界を代表する選手の一人であった。

しかし、当時の日本男子バレーは低迷期に入っており、1996年アトランタオリンピック2000年シドニーオリンピック両最終予選に出場したものの、結局オリンピック出場を果たすことはできなかった(2000年のシドニー五輪予選にはキャプテンとして出場している)。

後年は選手兼任コーチとしてNECを支える。2006年に現役引退。

コーチを経て2008年NECブルーロケッツ監督に就任する。低迷していたチームにおいてその手腕が期待されていたが、1シーズンでチーム休部となり、結果的にNEC最後の監督を務める事となってしまった。

2024年現在はNECレッドロケッツアカデミーのスタッフとしてバレーボールの指導を行っている[1]

球歴

編集

所属チーム

編集

脚注

編集
  1. ^ アカデミー・スクール情報”. NECレッドロケッツ川崎公式サイト. 2024年7月5日閲覧。

外部リンク

編集