竹内 明太郎(たけうち めいたろう、安政7年2月28日1860年3月20日) - 昭和3年(1928年3月23日)は、現在の高知県宿毛市出身の明治大正期の実業家衆議院議員早稲田大学理工学部設立者。竹内綱の長男で吉田茂の兄(異母兄とも)。麻生太郎の大伯父。子は横浜高等工業学校横浜国立大学の前身の一つ)教授の竹内強一郎、孫は地理学者、一橋大学教授日本地理学会会長の竹内啓一、曾孫に、TBSテレビ報道局記者・ニュースキャスターである竹内明がいる。エッセイストの麻生和子(茂の三女)は姪、学者の吉田健一(茂の長男)は甥に当たる。

来歴・人物編集

上京して自由民権運動に関わり、自由党に入党して『東京絵入自由新聞』を創刊する。その後、佐賀県芳谷炭鉱[1]を経営した。

小松製作所(現・コマツ)、唐津鉄工所の創立者であり、日産自動車の前身の快進社等を設立し、さらに早稲田大学理工学部、高知県工業高等学校(現・高知県立高知工業高等学校)などを創設し、工業立国に尽力した。ちなみに国産第1号車のダットサン(DAT)のTは竹内明太郎の頭文字である。

1915年第12回衆議院議員総選挙立憲政友会(高知県郡部区)から出馬して当選[2]し、2期務めた。1928年3月25日、肺炎で死去した。享年68。

脚注編集