メインメニューを開く
ラージャグリハ竹林精舎

竹林精舎(ちくりんしょうじゃ、サンスクリット語:Venuvana-vihāra)は、仏教で建てられた最初の寺院である。迦蘭陀竹林ともいう。

中インドのマガダ国の首都である王舎城(ラージャガハ)(現在のビハール州ラージギル)にあった。迦蘭陀(カランダ)長者が所有していた竹園で、当初は尼犍子(ジャイナ教)に与えていたが、長者が仏に帰依したことでこれを仏教の僧園として奉じ、頻婆娑羅(ビンビサーラ)王が伽藍を建立したといわれる。天竺五精舎(天竺五山とも)の一つ。

関連項目編集

外部リンク編集