メインメニューを開く

第百二号型駆潜特務艇(だいひゃくにごうがたくせんとくむてい)は、日本海軍駆潜特務艇。旧オランダ海軍アルジョエノ(Ardjoeno)級沿岸用掃海艇

第百二号型駆潜特務艇
IJN auxiliary submarine chaser No102 1942.jpg
基本情報
種別 駆潜特務艇
運用者  大日本帝国海軍
要目
基準排水量 約80トン
水線長 26.00m
水線幅 4.50m
吃水 1.00m
機関方式 カーマス式ガソリン機関2基、2軸、1,000馬力
速力 15.0ノット
燃料 ガソリン
兵装 13mm単装機銃2艇、爆雷4個
テンプレートを表示

概要編集

元はオランダ海軍がスラバヤで建造した沿岸掃海艇。沿岸の行動を想定された排水量およそ80トンの小型艇だった。102号など4隻は日本軍侵攻時、スラバヤで自沈していたのを捕獲、浮揚して整備、艦籍に編入した。また118号は建造中の船体を捕獲し建造を継続、完成させた。

小型の船体のため船団護衛には使用されず、同方面の各根拠地隊に配属、湾岸防備用に使用されたと推定される[1]

終戦までに2隻が戦没、残り3隻はオランダ軍により接収されたが、インドネシア独立の混乱で失われたようである[1]

同型艇編集

全てオランダ海軍沿岸用掃海艇。建造所はスラバヤ工廠。

  • 102号 : 旧アルジョエノ(Ardjoeno)。1937年昭和12年)進水。1942年(昭和17年)3月2日スラバヤで自沈時捕獲。7月10日艦籍編入。沈没日不明、1945年(昭和20年)初頭に沈没と推定[1]
  • 104号 : 旧ガデー(Gadeh)。1937年進水。1942年3月2日スラバヤで自沈時捕獲。10月15日艦籍編入。1945年8月バタビアで接収される。
  • 109号 : 旧カウィ(Kawi)。1937年進水。1942年3月2日スラバヤで自沈時捕獲。12月20日艦籍編入。1943年(昭和18年)8月14日、バリクパパンアメリカ軍機の攻撃を受け沈没。
  • 110号 : 旧ラウォエ(Lawoe)。1937年進水。1942年3月2日スラバヤで自沈時捕獲。12月20日艦籍編入。1945年8月スラバヤで接収される。
  • 118号 : 旧サラク(Salak)。1942年3月スラバヤで建造中を捕獲。1944年(昭和19年)7月31日艦籍編入。1945年8月スラバヤで接収される。

参考文献編集

  • 世界の艦船 増刊第45集 日本海軍護衛艦艇史」海人社、1996年2月号増刊、第507集

脚注編集

  1. ^ a b c 『世界の艦船 日本海軍護衛艦艇史』p128。

関連項目編集