第1外人連隊(だいいちがいじんれんたい、1er régiment étranger:1er RE)は、ブーシュ=デュ=ローヌ県オーバーニュに駐屯する、外人部隊総司令部隷下のフランス陸軍管理連隊である。

第1外人連隊
Insigne 1er régiment étranger-transparent.png
第1外人連隊章
創設 1831年
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位 連隊
兵科 外人部隊
兵種/任務/特性 後方支援
人員 約730名
所在地 ブーシュ=デュ=ローヌ県
オーバーニュ
標語 partout, pour tous
(至る所、すべての人の為に)
上級単位 外人部隊総司令部
主な戦歴 アルジェリア侵略
クリミア戦争
第二次イタリア独立戦争
フランス干渉戦争
第一次世界大戦
第二次世界大戦
第一次インドシナ戦争
アルジェリア戦争
テンプレートを表示

兵種は各種、伝統的区分は外人部隊である。

連隊の任務編集

連隊は、外人部隊総司令部の下で外人部隊全体の人事、輸送、装備、消耗品、その他の管理を専門に行う。 新入隊員の業務を担当する。[1]

沿革編集

部隊編成編集

  • 連隊本部
  • 本部管理中隊
  • 外人部隊管理中隊
  • 外人部隊業務中隊
  • 外人部隊輸送中隊

定員編集

  • 連隊の人員構成は、約730名からなる。

主要装備編集

出典編集

  1. ^ 『ヴィジュアル版 世界の特殊部隊―戦術・歴史・戦略・武器』マイク ライアン、アレグザンダー スティルウェル、クリス マン 原書房p84

関連項目編集