第12軍 (ロシア内戦)

第12軍(だい12ぐん、ロシア語: 12-я армия)は、ロシア内戦中の1918年から1920年にかけて、赤軍に二度形成されていた編制。

第12軍
12-я армия
活動期間1918年10月3日 - 1919年3月13日
1919年6月6日 - 1920年12月25日
国籍ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシアSFSR
軍種 赤軍
上級部隊南部戦線ロシア語版
カスピ・カフカース戦線
西部戦線
南西戦線
ウクライナ・クリミア軍ロシア語版
主な戦歴ロシア内戦
ポーランド・ソビエト戦争
ウクライナ・ソビエト戦争
勲章名誉革命赤旗

初代第12軍編集

1918年9月11日付共和国革命軍事会議指令に基づく同年10月3日の南部戦線ロシア語版革命軍事会議指令により、アストラハンおよび北カフカース東部に形成された。当初の軍はアストラハン歩兵師団(後に第33狙撃師団)の一部であり、翌1919年2月13日には北カフカースからの第11軍も含んだ[1]。その所属は当初の南部戦線から1918年11月3日には同戦線カスピ・カフカース部門、12月8日にはカスピ・カフカース戦線となり、1919年3月13日を以て解散した[1][2]

戦歴としては、南西アストラハン要塞地区ロシア語版に展開してラーザリ・ビチェラホフ (ru) の軍と戦い、12月1日にはグデルメスペトロフスク間およびキズリャルチェルヴリョーンナヤロシア語版間の鉄道を奪取しようと試みるも、兵力不足と発疹チフスの蔓延により失敗。2月下旬には北カフカースからドンバスへ移動しようとするアントーン・デニーキンの軍を押し止めようとするも、これも失敗した[1][2]

構成編集

司令官[1]

参謀長[1]

  • D・A・セヴェリン(1918年10月3日 - 1919年3月13日)

革命軍事会議メンバー[1]

  • N・A・アニシモフ(1918年11月15日 - 1919年2月19日)
  • N・M・クズネツォフ(1918年11月15日 - 1919年3月3日)
  • G・P・アントーノフ(1918年11月15日 - 1919年3月3日)
  • サアク・テル=ガブリエリャン(1919年1月22日 - 3月3日)
  • ヤン・ポルヤン(1919年2月 - 3月)[3]
  • A・N・パジェリン(1919年2月6日 - 3月11日)
  • セルゲイ・メドヴェージェフ(ru, 1919年3月3日 - 13日)

第2代第12軍編集

1919年6月4日付共和国革命軍事会議指令に基づき、同月6日に第1 (ru) および第3ウクライナ・ソビエト軍 (ru) から編制された。その所属は当初の西部戦線 (ru) から7月27日に指令部付、9月7日から西部戦線、10月17日から南部戦線、翌1920年1月10日から南西戦線、同年8月14日から西部戦線、9月27日から南西戦線と変遷した。12月3日の共和国革命軍事会議議長令2660/532によってウクライナ・クリミア軍ロシア語版が南部戦線に形成されると、第12軍は南西戦線からウクライナ・クリミア軍へ移管され[4]、その後12月25日を以て第12軍は解散した[1][2]

戦歴編集

1919年6月にはウクライナ南西部で防戦し、ポーランド第二共和国軍、ウクライナ人民共和国軍、そして南ロシア軍からヘルソンニコラーエフオデッサチラスポリヤンポリカーメネツ・ポドリスクヴォロチスクウクライナ語版ルーツクサールヌィウクライナ語版を得た。7月から8月にはデニーキン軍が、ヘルソン、ポルタヴァエカテリノスラフを占拠していた第12軍の主力を分断するため、オデッサとニコラーエフへの攻撃を開始した。これによって8月14日にはイオナ・ヤキール隷下(第45ロシア語版第58狙撃師団ロシア語版)に第12軍の南部支隊が形成されたが、9月19日に支隊は400キロメートルの撤退戦を経てジトーミルの本隊へ合流した。9月から10月には第12軍はキエフ北部でドニエプル川両岸を防衛した。11月から第12軍は攻勢に転じ、同月にチェルニゴフ、12月にキエフ、翌1920年1月にヴィーンニツァベーラヤ・ツェルコフィ南部、ズナメンカウクライナ語版、ピャチハトカに達した[1][2]

その後、第12軍はポーランド・ソビエト戦争に参加するためキエフ、ドニエプルを離れ、4月から5月にかけてモズィリオーヴルチコーロステニベロコローヴィチウクライナ語版で戦った。南西戦線指揮下において5月26日から6月17日までキエフ市街、ドニエプル、コーロステニで (ru)、6月28日から7月11日までロヴノ地域で戦ってサールヌィを占領し (ru)、7月23日から8月20日まではストィルストホードウクライナ語版両川、コーヴェリヘルムなどリヴォフ地域で戦った (ru)。結果軍は大きな損害を負い、8月から9月は東へ退却した。11月にはシモン・ペトリューラおよびスタニスラウ・ブラーク=バラホーヴィチベラルーシ語版の軍と戦い、名誉革命赤旗 (ru) を授与された[1][2]

構成編集

司令官[1]

  • ニコライ・セミョーノフ(ru, 1918年6月16日 - 9月8日)
  • セルゲイ・メジェニコフ(ru, 1919年9月10日 - 1920年6月10日)
  • ガスパル・ヴォスカノフ(ru, 1920年6月10日 - 8月20日)
  • ニコライ・クジミン(ru, 1920年8月20日 - 10月26日、暫定)
  • ニコライ・リソフスキーロシア語版(1920年10月26日 - 12月25日)

革命軍事会議メンバー[1]

参謀長[1]

  • ガヴリール・クトゥイレフ(ru, 1919年6月16日 - 10月2日)
  • V・K・セダチェフ(1919年10月2日 - 1920年10月13日)
  • M・V・モルコチャノフ(1920年10月13日 - 17日)
  • V・D・ラトゥイニン(1920年10月17日 - 11月17日)
  • I・D・モジェノフ(1920年11月17日 - 12月25日)

部隊[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m М. : Гражданская война и военная интервенция в СССР: Энциклопедия. — (Советская энциклопедия / гл. ред. С. С. Хромов ; 1983).
  2. ^ a b c d e Центральный государственный архив Советской армии. 1 в 2 томах. Minneapolis, Minnesota: East View Publications. Л. В. Двойных, Т. Ф Каряева, М. В. Стеганцев. 1991. ISBN 1-879944-02-2
  3. ^ Полуян Ян Васильевич”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. knowbysight.info. 2019年11月18日閲覧。
  4. ^ Краснознаменный Киевский: Очерк истории Краснознаменного Киевского военного округа (1919-1979) (2-е изд., испр. и доп. 75000 экз ed.). К.: Политиздат Украины. Г. И. Серебряков, Б. Н. Буйских, А. А. Вовк и др.; Редкол.: И. А. Герасимов и др. 1979.