メインメニューを開く

第122師団(だいひゃくにじゅうにしだん)は、大日本帝国陸軍師団の一つ。

第122師団
創設 1945年(昭和20年)1月16日
廃止 1945年昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 歩兵
所在地 牡丹江省-吉林省
編成地 牡丹江省 興隆
通称号/略称 舞鶴
補充担任 東京師管東京師管区
最終上級単位 第1方面軍
最終位置 吉林省 大賚
主な戦歴 太平洋戦争
(ソ連対日参戦)
テンプレートを表示

沿革編集

太平洋戦争末期、多くの師団が満州から南方戦線と本土決戦準備に転用されたことに伴い、満州防備強化を目的として1945年(昭和20年)1月16日に軍令陸甲下令により、第121・第122・第123第124第125第126第127第128師団の8個師団の編成が発令された。

第122師団は、第11師団が満州から四国に転用されたため、牡丹江省興隆において第11師団の残留者と第4国境守備隊を基幹に編成された。同年3月30日に編成を完結し第1方面軍の直轄兵団に編入され牡丹江一帯で満州東部の国境警備に当る。

同年8月9日、ソ連対日参戦により侵攻してきたソ連軍と交戦し、8月17日に停戦命令を受領した。

師団概要編集

歴代師団長編集

  • 赤鹿理 中将:1945年(昭和20年)1月20日 - 終戦

参謀長編集

  • 岩元議秀 大佐:1945年(昭和20年)1月25日 - 終戦[1]

最終所属部隊編集

  • 歩兵第265連隊(東京):出村耐造大佐
  • 歩兵第266連隊(甲府):柏木求馬大佐
  • 歩兵第267連隊(佐倉):杉村南平大佐
  • 野砲兵第124連隊      
  • 工兵第122連隊:渋谷勇雄少佐    
  • 輜重兵第122連隊:田中剛一少佐    
  • 第122師団挺進大隊      
  • 第122師団通信隊      
  • 第122師団兵器勤務隊      
  • 第122師団病馬廠

脚注編集

  1. ^ 『帝国陸軍編制総覧』1213頁。

参考文献編集

  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。

関連項目編集