メインメニューを開く

吉林省 (満州国)

満州国の省

吉林省(きつりんしょう)は満洲国にかつて存在した省。現在の中華人民共和国吉林省の一部地域に相当する。

満州国 吉林省
1932年 - 1945年
簡称:


吉林省の市・縣・旗(1940年)
吉林省の市・縣・旗(1940年)
簡体字 吉林
繁体字 吉林
拼音 Jílín
カタカナ転記 ジーリン
国家 満州国
行政級別
政府所在地 永吉県
吉林市
建置 1932年
廃止 1945年 
面積
- 総面積(1940年) 83,206.977 km²
人口
- 総人口(1940年) 560.9 万人
- 人口密度 67.4 人/km²

歴史編集

1931年(民国20年)当時、中華民国吉林省は41県1政治局を管轄していた。満州事変により日本の支配下に入ると、同年9月26日に熙洽により吉林省長官公署が設置され、9月28日には中華民国からの独立宣言が発表された。

1932年大同元年)3月9日、満州国は「省公署官制」(大同元年3月9日教令第13号)を公布して省政府を省公署に改編、永吉県に吉林省公署を設置した。1934年康徳元年)10月11日に新たな「省公署官制」(康徳元年10月11日勅令第124号)を公布し、吉林省は吉林、浜江三江間島の4省に分割され、吉林省は吉林市長春県双陽県伊通県徳恵県農安県長嶺県乾安県扶余県永吉県舒蘭県額穆県敦化県樺甸県磐石県楡樹県懐徳県奉天省より移管)の17市県を管轄するようになった。

その後の行政整理を経て満州国崩壊直前には2市、15県、1旗を管轄するようになっていた。

下部行政区画編集

満州国崩壊直前の下部行政区画

設置編集

1932年3月、満州国政府により吉林省が設置される。

廃止編集

1945年8月、満州国の崩壊と共に自然消滅。

関連項目編集