メインメニューを開く

第2次マニュエル・ヴァルス内閣(だい2じマニュエル・ヴァルスないかく、フランス語: Deuxième Gouvernement Manuel Valls)は、マニュエル・ヴァルス首相に再任命され、2014年8月26日から2016年12月6日まで続いたフランスの内閣である。

第二次マニュエル・ヴァルス内閣
Gouvernement Manuel Valls II
フランス第五共和政 第38代内閣
Valls Toulouse 2012.JPG
マニュエル・ヴァルス首相
成立年月日 2014年8月26日
終了年月日 2016年12月6日
組織
元首 フランソワ・オランド
首相 マニュエル・ヴァルス
閣僚数 33
16(大臣)
17(担当大臣)
与党 社会党
左翼急進党
詳細
成立直前の選挙 2012年フランス国民議会選挙
議会任期 第14立法期
前内閣 第1次マニュエル・ヴァルス内閣
次内閣 ベルナール・カズヌーヴ内閣

目次

概要編集

フランス第五共和政下における38代目の内閣であり、フランソワ・オランド大統領政権下における4番目の内閣である。第1次内閣の主要閣僚は再任され、経済・産業相、国民教育相、文化・通信相の3閣僚が新任された[1]

2016年2月11日に、オランド政権発足当初からの外相ローラン・ファビウス(元首相)がジャン=マルク・エロー(前首相)に交代、他に3閣僚が交代する内閣改造が行われた[2]

大臣編集

職名 氏名 所属政党 備考
外務・国際開発大臣  
 
ローラン・ファビウス
Laurent Fabius
ジャン=マルク・エロー
Jean-Marc Ayrault(2016年2月11日 - )
社会党
国民教育・高等教育・研究大臣   ナジャット・ヴァロー=ベルカセム
Najat Vallaud-Belkacem
社会党
国璽尚書、
司法大臣
 
 
クリスチャーヌ・トビラ
Christiane Taubira
ジャン=ジャック・ウルヴォアス
Jean-Jacques Urvoas(2016年1月27日 - )
左翼急進党
ワルワリ
社会党
経済・産業・デジタル大臣 エマニュエル・マクロン
Emmanuel Macron
社会党
厚生大臣   マリソル・トゥーレーヌフランス語版
Marisol Touraine
社会党
住宅・地域間平等大臣  
 
シルヴィア・ピネルフランス語版
Sylvia Pinel
エマニュエル・コス
Emmanuelle Cosse(2016年2月11日 - )
左翼急進党
ヨーロッパ・エコロジー=緑の党
国土整備・農村問題・地方自治体大臣   ジャン=ミシェル・バイレフランス語版
(2016年2月11日 - )
左翼急進党
ヨーロッパ・エコロジー=緑の党
内務大臣   ベルナール・カズヌーヴ
Bernard Cazeneuve
社会党
エコロジー・持続可能開発・エネルギー大臣   セゴレーヌ・ロワイヤル 社会党
財務・公会計大臣   ミシェル・サパンフランス語版
Michel Sapin
社会党
労働・雇用・職業教育・労使対話大臣  
 
フランソワ・レブサメンフランス語版
François Rebsamen
ミリアム・エル・コムリ
Myriam El Khomri(2015年9月2日 - )
社会党
国防大臣   ジャン=イヴ・ル・ドリアン
Jean-Yves Le Drian
社会党
地方分権・国家改革・公務員大臣  
 
マリリーズ・ルブランシュフランス語版
Marylise Lebranchu
アニック・ジラルダン
Annick Girardin(2016年2月11日 - )
社会党
左翼急進党
文化・通信大臣  
 
フルール・ペルラン
Fleur Pellerin
オードレ・アズレ
Audrey Azoulay(2016年2月11日 - )
社会党
都市・青年・スポーツ大臣   パトリック・カネルフランス語版
Patrick Kanner
社会党
農業・食品産業・森林大臣   ステファヌ・ル・フォールフランス語版
Stéphane Le Foll
社会党
家族・児童・女性権利大臣   ロランス・ロシニョルフランス語版
Laurence Rossignol
(2016年2月11日-)
社会党
海外県・海外領土大臣   ジョルジュ・ポー=ランジュヴァンフランス語版
George Pau-Langevin
エリカ・バレッツ
Ericka Bareigts(2016年8月30日 - )
社会党

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ フランス新内閣の顔触れ発表-モントブール氏ら3閣僚を更迭 Bloomberg 2014-8-27
  2. ^ マニュエル・ヴァルス新内閣 - La France au Japon 在日フランス大使館(最終更新日2016年2月12日) 2016年7月10日閲覧

外部リンク編集