第VII因子(だい7いんし、: factor VII)は、血液凝固カスケードに関与するタンパク質の1つである。以前はプロコンバーチンまたはプロコンベルチン(proconvertin)という名称でも知られていた。第VII因子は酵素前駆体として産生され、プロテアーゼによって活性化されて活性型第VII因子(第VIIa因子)となる。セリンプロテアーゼに分類される酵素である。組換えヒト第VIIa因子英語版(エプタコグアルファ(活性型)(eptacog alfa [activated])、商標名ノボセブン(NovoSeven))は、血友病患者の出血性病態に対する治療として承認されている。

F7
1dan opm.png
PDBに登録されている構造
PDBオルソログ検索: RCSB PDBe PDBj
識別子
記号F7, SPCA, coagulation factor VII
外部IDOMIM: 613878 MGI: 109325 HomoloGene: 7710 GeneCards: F7
遺伝子の位置 (ヒト)
13番染色体 (ヒト)
染色体13番染色体 (ヒト)[1]
13番染色体 (ヒト)
F7遺伝子の位置
F7遺伝子の位置
バンドデータ無し開始点113,105,788 bp[1]
終点113,120,681 bp[1]
RNA発現パターン
PBB GE F7 207300 s at fs.png
さらなる参照発現データ
オルソログ
ヒトマウス
Entrez
Ensembl
UniProt
RefSeq
(mRNA)

NM_000131
NM_001267554
NM_019616

NM_010172

RefSeq
(タンパク質)

NP_000122
NP_001254483
NP_062562

NP_034302

場所
(UCSC)
Chr 13: 113.11 – 113.12 MbChr 13: 13.03 – 13.04 Mb
PubMed検索[3][4]
ウィキデータ
閲覧/編集 ヒト閲覧/編集 マウス

生理学編集

第VII因子の主要な役割は、組織因子(第III因子)とともに凝血過程を開始することである。組織因子は血管外に位置し、通常は血流に曝露していない。血管の損傷に伴って、組織因子は血液とそこを循環する第VII因子へ曝される。第VII因子は組織因子に結合すると、さまざまなプロテアーゼによって第VIIa因子へと活性化される。活性化を行うプロテアーゼにはトロンビン(第IIa因子)、第Xa因子第IXa因子第XIIa因子があり、そして組織因子-第VIIa因子複合体自身によっても活性化される。組織因子-第VIIa因子複合体は、第IX因子と第X因子の活性化型プロテアーゼ(それぞれ第IXa因子と第Xa因子)への転換を触媒する[5]

第VII因子の作用は、凝血開始の直後に放出される組織因子経路インヒビター英語版(TFPI)によって阻害される。

第VII因子はビタミンK依存的因子であり、肝臓で産生される。

構造編集

第VII因子は、第IX因子、第X因子と共通のドメイン構造を有している。

遺伝子編集

第VII因子の遺伝子は、13番染色体(13q34)に位置する。

疾患における役割編集

第VII因子欠乏症英語版(先天性プロコンベルチン欠乏症)は劣性遺伝する希少疾患であり、血友病に似た出血障害が現れる。組換え第VIIa因子製剤(NovoSevenまたはAryoSeven)を用いて治療が行われる。第VII因子欠乏症に対する遺伝子治療のアプローチは非常に有望である[6]

医療での利用編集

組換え第VIIa因子製剤はNovoSevenとAryoSevenの商標名で販売されており、血友病(第VIII因子または第IX因子の欠乏症)で置換凝固因子に対して抗体が生じた患者で利用される。

制御不能の出血の際に利用されることもあるが[7][8]、その役割には議論があり、臨床試験外での使用を支持するエビデンスは不十分である[9]。出血に対する利用の最初の報告は、1999年に制御不能の出血を起こしたイスラエルの兵士に対する使用例である[10]。使用に際しての危険性としては、動脈血栓の増加が挙げられる[9]。しかし動物実験ではヒトでみられるような合併症はみられず、事実その研究では予後の改善がみられている。軍事医療においては、穿通性外傷による出血と関係した播種性血管内凝固症候群に関連する合併症に対し適応外での利用が行われている[11]

組換え第VIIa因子製剤は当初脳内出血に対し有望であると見られていたが、その後の研究では利点を示さず、現在では推奨されていない[12][13]

相互作用編集

第VII因子は、組織因子プロテインキナーゼCと相互作用することが示されている[14][15]

出典編集

  1. ^ a b c GRCh38: Ensembl release 89: ENSG00000057593 - Ensembl, May 2017
  2. ^ a b c GRCm38: Ensembl release 89: ENSMUSG00000031443 - Ensembl, May 2017
  3. ^ Human PubMed Reference:
  4. ^ Mouse PubMed Reference:
  5. ^ “A comprehensive model for the humoral coagulation network in humans”. Clinical Pharmacology and Therapeutics 86 (3): 290–8. (September 2009). doi:10.1038/clpt.2009.87. PMID 19516255. 
  6. ^ Marcos-Contreras, Oscar A.; Smith, Shannon M.; Bellinger, Dwight A.; Raymer, Robin A.; Merricks, Elizabeth; Faella, Armida; Pavani, Giulia; Zhou, Shangzhen et al. (2016-02-04). “Sustained correction of FVII deficiency in dogs using AAV-mediated expression of zymogen FVII”. Blood 127 (5): 565–571. doi:10.1182/blood-2015-09-671420. ISSN 1528-0020. PMC: 4742547. PMID 26702064. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26702064. 
  7. ^ “The use of recombinant factor VIIa in the treatment of bleeding disorders”. Blood 104 (13): 3858–64. (December 2004). doi:10.1182/blood-2004-06-2223. PMID 15328151. 
  8. ^ Uncontrolled Bleeding and Injury Lawsuit Claims”. 2015年8月26日閲覧。
  9. ^ a b “Recombinant factor VIIa for the prevention and treatment of bleeding in patients without haemophilia”. The Cochrane Database of Systematic Reviews 3 (3): CD005011. (March 2012). doi:10.1002/14651858.CD005011.pub4. PMID 22419303. https://ore.exeter.ac.uk/repository/bitstream/10871/13808/2/Recombinant%20factor%20VIIa%20for%20the%20prevention%20and%20treatment%20of%20bleeding%20in%20patients%20without%20haemophilia.pdf. 
  10. ^ “Treatment of traumatic bleeding with recombinant factor VIIa”. Lancet 354 (9193): 1879. (November 1999). doi:10.1016/S0140-6736(99)05155-7. PMID 10584732. 
  11. ^ Hodgetts, T. J.; Kirkman, E.; Mahoney, P. F.; Russell, R.; Thomas, R.; Midwinter, M. (2007-12-01). “UK Defence Medical Services Guidance for the Use of Recombinant Factor VIIA (RFVIIA) in the Deployed Military Setting” (英語). Journal of the Royal Army Medical Corps 153 (4): 307–309. doi:10.1136/jramc-153-04-18. ISSN 0035-8665. PMID 18619169. http://jramc.bmj.com/content/153/4/307. 
  12. ^ “Recombinant activated factor VII for acute intracerebral hemorrhage”. The New England Journal of Medicine 352 (8): 777–85. (February 2005). doi:10.1056/NEJMoa042991. PMID 15728810. 
  13. ^ “Efficacy and safety of recombinant activated factor VII for acute intracerebral hemorrhage”. The New England Journal of Medicine 358 (20): 2127–37. (May 2008). doi:10.1056/NEJMoa0707534. PMID 18480205. 
  14. ^ “Probing the interface between factor Xa and tissue factor in the quaternary complex tissue factor-factor VIIa-factor Xa-tissue factor pathway inhibitor”. European Journal of Biochemistry 270 (12): 2576–82. (June 2003). doi:10.1046/j.1432-1033.2003.03625.x. PMID 12787023. 
  15. ^ “Structure of extracellular tissue factor complexed with factor VIIa inhibited with a BPTI mutant”. Journal of Molecular Biology 285 (5): 2089–104. (February 1999). doi:10.1006/jmbi.1998.2452. PMID 9925787. 

関連文献編集

  • “Purification and properties of human coagulation factor VII”. The Journal of Biological Chemistry 255 (4): 1242–7. (February 1980). PMID 7354023. 
  • “The pleiotropic effects of tissue factor: a possible role for factor VIIa-induced intracellular signalling?”. Thrombosis and Haemostasis 86 (6): 1353–9. (December 2001). doi:10.1055/s-0037-1616734. PMID 11776298. 
  • “The inhibitors of the tissue factor:factor VII pathway”. Thrombosis Research 106 (3): V257-65. (May 2002). doi:10.1016/S0049-3848(02)00079-8. PMID 12356487. 

外部リンク編集

  • NovoSeven Official website
  • ペプチダーゼとその阻害剤に関するMEROPSオンラインデータベース: S01.215
  • CHES - Comprehensive Health Education Services LLC - Factor VII treatment and awareness [1]