メインメニューを開く

笹川 紀勝(ささかわ のりかつ、1940年 - )は、日本の憲法学者法学博士国際基督教大学名誉教授北海道赤平市生まれ。

目次

略歴編集

1959年北海道赤平高等学校卒業。1960年北海道大学理類入学。1963年同法学部に転部。1965年同法学部卒業。1967年北海道大学大学院法学研究科修士課程修了。同法学部助手。1970年北星学園大学経済学部専任講師。1974年同経済学部助教授。1979年同経済学部教授。1986年国際基督教大学教養学部教授。2005年明治大学法学部教授。2011年明治大学退職。学校法人北海学園特任教授(2014年3月まで)。

1986年3月 北海道大学 法学博士 論文の題は「国家と宗教の関係 : 類型と特徴,主にドイツ教会法学説史を素材として」[1]

研究領域編集

日本国憲法の人権規定の中でも良心の自由信教の自由を研究。この他、平和主義天皇制の研究など多岐に渡る。近年は、憲法国際法の関係、植民地法制の観点から韓国併合条約歴史学的・国際法学的再検討や三・一運動の裁判などをも研究対象としている。

主要著書編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース