篠原 俊吾(しのはら しゅんご、1963年 - )は、日本言語学者慶應義塾大学法学部教授。専門は認知言語学

人物編集

教養課程の英語科目を担当し英語教育に携わりつつ、認知言語学を研究し教授している。

略歴編集

東京都出身[1]。1987年中央大学文学部卒業。1991年早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。1999年慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。

1995年4月慶大学法学部助手、1999年4月専任講師、2002年4月准教授を経て、現職。

著書編集

脚注編集

  1. ^ 学生時代の必読書を教授が指南慶應塾生新聞会 2008年4月26日

外部リンク編集