篠田 歩(しのだ あゆむ、1979年12月14日 - )は、日本の男子元バレーボール選手、現指導者。千葉県我孫子市出身。ポジションはミドルブロッカーVプレミアリーグ東レ・アローズ所属。妻はタレントの伊藤さおり

篠田 歩
Ayumu Shinoda
東レ・アローズ
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-12-14) 1979年12月14日(38歳)
出身地 千葉県我孫子市
ラテン文字 Ayumu Shinoda
身長 193cm
体重 88kg
血液型 A型
選手情報
所属 東レ・アローズ
愛称 シノ
役職 コーチ
ポジション MB
指高 243cm
利き手
スパイク 345cm
ブロック 323cm
テンプレートを表示

目次

来歴編集

布佐中学1年よりバレーボールを始める。全日本ユース代表、ジュニア代表を経験し、筑波大学を経て、2002年東レ・アローズに入団。2004年全日本代表に選出され、ワールドリーグに出場した。2005年6月より東レの主将を務めた。

2014年の第63回黒鷲旗大会をもって現役引退。同年6月よりコーチに就任した[1][2]

球歴・受賞歴編集

所属チーム編集

脚注編集

  1. ^ 東レ・アローズ男子バレーボール部. “篠田歩選手勇退コメント”. 2014年5月8日閲覧。
  2. ^ 東レ・アローズ男子バレーボール部. “2014年度新体制について”. 2014年6月5日閲覧。

外部リンク編集