メインメニューを開く

篠田 統(しのだ おさむ、1899年9月21日 - 1978年8月10日)は、食物史学者。

大阪府出身。1923年京都帝国大学理学部化学科卒、同大学院をへてヨーロッパに留学後、1929年京都帝大講師、同年「昆虫の腸の分泌に就て」で京大理学博士。1938年陸軍技師となり中国各地に従軍。1948年大阪学芸大学教授、校名変更で大阪教育大学教授。65年定年退官、名誉教授。栄養生理学から食物史研究に転じた[1][2]

目次

著書編集

  • 『米と日本人』角川新書 1961
  • 『すしの本』柴田書店 1966 岩波現代文庫、2002
  • 『米の文化史』社会思想社 1970
  • 『中国食物史』柴田書店 1974
  • 『暮しの知恵 考える生活科学』玉川大学出版部 玉川選書 1978
  • 『すしの話』駸々堂ユニコンカラー双書 1978
  • 『中国食物史の研究』八坂書房 1978
  • 『風俗古今東西 民衆生活ノート』社会思想社 1979

共編著編集

論文編集

編集