短冊状ないし細いひも状の素材をくみ合わせたり編んだりした運搬用の容器

[注釈 1](かご、: Basket バスケット)とは、((とう)、針金 などを)編んで作った入れ物で[1]短冊状ないし細い「ヒゴ」状の素材を組み合わせた容器の総称である。[2]

Basket of PlumsPierre Dupuis

概説編集

茎状あるいは短冊状の素材を組み合わせて作る。

素材

手近な植物性素材であるラタン)、、(東洋では)竹や柳などの他、馬の毛、鯨ひげなどの動物性素材も用いられ、近代以降は針金金属線)製、線をビニールで被覆したものや真鍮製(被覆無し)、ステンレス製、合成樹脂熱可塑性樹脂などが使用されることもある。大量生産する場合は、不揃いになりがちな自然素材が減り、合成樹脂や金属素材の使用頻度が上がる。

制作

植物性素材の場合は、まずを簡単に加工しておいてから編んだり、「へぎ板」を作っておいてから編む方法もある。

一般人が自作することもできる。入門書などが刊行されている。蔓、枝、樹皮、竹皮、わらや ワイヤーなどの他、 エコクラフトテープ、細く丸めた広告チラシ類も材料にできる。

用途編集

籠の主な用途は、収納や運搬用の容器であるが、他にもさまざまに用いられる。

運搬用の容器

運搬するための容器としても用いられる。

収納、整理整頓

室内や店頭で、物品の整理整頓や収納に使われる。

洗濯道具
 
洗濯物入れのかご。ランドリー・バスケット。

洗濯ものを入れるためにも使われる。

調理道具

ふるいとして使うこともある。

農具

農具として収穫物を収めたり、種や穀物の識別時に使われる。家禽類を入れる檻のように使うこともある。

漁具

漁具として使われることもある。

ペットのベッド

クッションなどを入れて、ネコやイヌなどのベッドとして用いられることもある。

宗教儀式の道具

宗教儀式に使用されることもある[3]


籠は実用と見た目の美しさの両面があり、コレクションの対象ともなっている。

歴史編集

紀元前9千年紀中東では籠作りの技術を絨毯にも使用していた可能性がある。紀元前7千年紀オアシスアメリカ英語版で籠編みが行なわれていたとされる。[3]紀元前30世紀、編み込み技術は広がっていた。

当初、籠は保存や運搬、散乱しがちな家庭用品の整理など多目的な用途のためデザインされていた。農園のある地域では籠の材料の種類も豊富であったため、籠編み技術にも影響を与えた。ラタン、温帯地域の薄い葉を持つヤシ科の植物、熱帯地域の広い葉を持つパイナップル科の植物など、材料の種類によって籠編みの技法は異なる。籠編みの技法は芸術へと進化した。色、材料、大きさ、パターン、ディテールなどで自由に表現できる。

地方の女性などが頭の上に籠をのせて運搬することもある。ギリシア美術ではこれをカネフォロスと呼ぶ。

比喩および文学的用法編集

to hell in a handbasket 」は「急速に悪化する」ことを意味する。語源は明らかにされていない。

Basket 」は「婚外子」の意味で主にイギリス英語で使用されることもある[4]

材料編集

 
ヤシでできた籠(手前)および枝でできた籠(奥)

一般的な材料を以下に示す:

ギャラリー編集

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ は異体字であり新字体ではない。

出典編集

  1. ^ 世界大百科事典 第2版
  2. ^ 乗り物の「かご」も同一語源で、駕籠の文字が宛てられている。
  3. ^ a b "Hopi Basketry." Northern Arizona Native American Culture Trail. (retrieved 13 Nov 2011)
  4. ^ basket, n.”. oed.com. 2015年3月18日閲覧。

参考文献編集

  • Zepeda, Ofelia (1995). Ocean Power: Poems from the Desert. 0-8165-1541-7.

外部リンク編集