メインメニューを開く

米川 みちこ(よねかわ みちこ、1925年7月31日-2013年)は、日本児童文学作家。本名は道子。


三重県津市出身。

目次

来歴・人物編集

児童文学作家坪田譲治に師事し「びわの実学校」に参加した。[1]日本児童文学者協会/会員[2]

戦後、戦災孤児、浮浪児の救済のための救護施設の藤沢市唐池学園』(現綾瀬市)に従事した。

代表作『ぐみの木の丘』は作者の唐池学園での経験によるものである。[3]

著作・作品編集

  • 『小さなかめと小さな花たば』 絵/斎藤博之 金の星社<創作こどもらいぶらり5> 1971年[4]
  • 『ぐみの木の丘』絵/斎藤博之 金の星社<創作児童文学9> 1972年
  • 「さんちょっぱのしん」『四年四組さくら色』(日本児童文学者協会編)偕成社<子どものひろば4年生> 1976年
  • 『はっぱのてがみ』絵/田中 恒子 太平出版社<太平ようねん童話おはなしゆうえんち> 1979年
  • 『オンオンちゃんとヒイヒイちゃん』山内恵美子/画 教育画劇
  • 『かわいがっていた動物/サザンカのおはか』偕成社 1974年
  • 『三重県の民話・阿漕の平治』偕成社 1982年
  • 『めんこのけっとう』1969年 日本事務能率協会
  • 『オンオンちゃんとヒイヒイちゃん』絵/後藤喜美絵 昭和51年「童話」7月号 日本童話会発行
  • 『ゆりちゃんのビー玉』びわの実学校 びわの実学校 第16号
  • 『ホロリさんの留守番』絵/内田慶三 1966年 びわの実学校 第20号
  • 『ひげなしせんちょうさん』絵/しのとおすみこ びわの実学校 第35号
  • 『るうちゃんとリコ 野うさぎみみ子』びわの実学校 第65号
  • 『かえる 百ぴき』小2ホームクラス 昭和46年 旺文社
  • 『独楽』小5ホームクラス 昭和47年 旺文社
  • 『光化学スモッグをやっつけろ』小2ホームクラス 昭和47年 旺文社
  • 『大きなわすれもの』小2ホームクラス 昭和47年 旺文社
  • 『お月さまにもらったすず』小2ホームクラス 昭和49年 旺文社
  • 『めんこのケン』絵/斉藤としひろ 小3ホームクラス 昭和49年 旺文社
  • 『ペンキ、ぬりたて』絵/高志孝子 小1ホームクラス 昭和50年 旺文社
  • 『お日さま つぶし』絵/斉藤としひろ 小3ホームクラス 昭和51年 旺文社
  • 『うおんとひいひい』絵/高志孝子 小1ホームクラス 昭和54年 旺文社
  • 『バラをはこんだふうせん』絵/こもりときこ 小2 ホームクラス 昭和50年 旺文社

家族・親族編集

父   鬼頭白雨[5](日本の歌人

配偶者 米川信夫日本の翻訳家

又従弟 奥田碩トヨタ自動車株式会社会長)

又従弟 奥田務[6]大丸松坂屋百貨店会長/J.フロント リテイリング会長兼CEO/三菱UFJフィナンシャル・グループ取締役/関西学院大学客員教授)

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 雑誌「湘南たんぽぽの会」同人『小さなかめと小さな花たば』 1971年
  2. ^ 『四年四組さくら色』
  3. ^ 『施設の子や職員の喜びと悲しみを』唐池学園の丘にぐみの木がそびえていました〜『ぐみの木の丘』筆者あとがき(1972年)
  4. ^ 小さなかめと小さな花たば”. 2018年3月29日閲覧。
  5. ^ a b 『鬼頭白雨遺作集』-
  6. ^ a b 奥田務「私の履歴書2」,日本経済新聞2015年12月2日