メインメニューを開く

米川 伸一(よねかわ しんいち、1931年12月6日 - 1999年11月18日)は日本の歴史学者経営学者。専門はイギリス史経営史一橋大学名誉教授。かつて日本が経営史研究で世界をリードしていた1960年代から1980年代にかけて、日本を代表する経営史学者として知られた[1]

目次

人物・経歴編集

東京市出身。世田谷区立松原小学校日本学園中学校成蹊高等学校を経て、1956年一橋大学経済学部卒業、1958年同大学大学院経済学研究科修士課程修了、1961年同博士課程修了、経済学博士第1号。論文の名前は「中・近世ノーフォクにおける社会経済的発展 : 近代資本主義社会の成立に関する一研究」[2]。 一橋大では増田四郎教授に師事した[3][4]

1961年一橋大学商学部専任講師、1965年同助教授、1973年同教授、1994年定年退官、一橋大学名誉教授、明星大学教授。門下に湯沢威(学習院大学名誉教授)、鈴木良隆(一橋大学名誉教授)、和田一夫(東京大学名誉教授)[5]西川登(神奈川大学教授)[6]濟藤友明(東京理科大学教授)[7]など。

著作編集

著書編集

  • 『ロイヤル・ダソチ・シェル』東洋経済新報社 1969年
  • 『イギリス地域史研究序説」未来社 1972年
  • 『経営史学:生誕・現状・展望』東洋経済新報社 1973年
  • 『現代イギリス経済形成史』未来社 1992年
  • 『紡績業の比較経営史研究:イギリス・インド・アメリカ・日本』有斐閣 1994年
  • 『東西繊維経営史』同文舘出版 1997
  • 『紡績企業の破産と負債』日本経済評論社 2000

脚注編集