メインメニューを開く
米田実

米田 実(よねだ みのる、文久3年7月15日[1]1863年8月28日) - 大正15年(1926年9月16日[2])は、日本の衆議院議員(無名倶楽部→立憲同志会憲政会)、弁護士

目次

経歴編集

大和国奈良(現在の奈良県奈良市)出身。漢学を修めた後、教職に従事していたが、奈良市内衛生委員・町役場委員などの公吏の職に就いた[3]1887年明治20年)に明治法律学校(現在の明治大学)に入学し[3]、在学中に代言人試験に合格した[4]。東京で弁護士事務所を開き、東京組合弁護士会評議員に選出された[4]。後に公証人に転じた[1]

1904年(明治37年)、第9回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。1915年(大正4年)の第12回衆議院議員総選挙で再選された。

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『人事興信録』
  2. ^ 『朝日年鑑 大正十六年』朝日新聞社、1926年。
  3. ^ a b 『現代日本の政治家』立憲同志会P.152-153
  4. ^ a b 『衆議院議員略歴』

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 細井肇『現代日本の政治家』国光社、1916年。
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1940年。