メインメニューを開く

米谷 匡史(よねたに まさふみ、1967年4月 - )は、日本歴史学者。専門は日本思想史。東京外国語大学総合国際学研究院(言語文化部門・文化研究系)教授。

人物・経歴編集

1990年東京大学教養学部教養学科相関社会科学分科卒業、1992年、東京大学大学院総合文化研究科相関社会科学専攻修士課程修了、1993年、同大学院総合文化研究科博士課程中退。

東京外国語大学外国語学部助教授、同准教授を経て、2009年から東京外国語大学総合国際学研究院准教授、2014年より教授。

予備校経営者の米谷達也は実兄。猫をこよなく愛している。

著書編集

単著
共編著
編纂

論文編集

  • 「三木哲学とマルクス - 内在論からの超出」『現代思想』21巻1号(1993年)
  • 「丸山真男の日本批判」『現代思想』22巻1号(1994年)
  • 「和辻哲郎と王権神話の再解釈 - 尊皇思想とその伝統をめぐって」『国語と国文学』71巻11号(1994年)
  • 「『世界史の哲学』の帰結 - 戦中から戦後へ」『現代思想』23巻1号(1995年)
  • 「丸山真男と戦後日本 - 戦後民主主義の始まりをめぐって」『情況(第二期)』8巻1号(1997年)
  • 「戦時期日本の社会思想 - 現代化と戦時変革」『思想』882号(1997年)
  • 「三木清の『世界史の哲学』 - 日中戦争と『世界』」『批評空間』19号(1998年)
  • 「マルクス主義の世界性とコロニアリズム」『情況(第2期)』11巻2号(2000年)
  • 「矢内原忠雄の植民・社会政策論 - 植民地帝国日本における『社会』統治の問題」『思想』945号(2003年)