メインメニューを開く

大津 透(おおつ とおる、1960年10月9日 - )は、日本の歴史学者東京大学教授。日本古代史専攻。東京都出身。

略歴編集

  • 1976年3月 武蔵中学校卒業[要出典]
  • 1979年3月 武蔵高等学校卒業[要出典]
  • 1983年3月 東京大学文学部国史学科卒業
  • 1987年3月 東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退
  • 1987年4月 山梨大学教育学部専任講師
  • 1990年9月 山梨大学教育学部助教授
  • 1994年「律令国家支配構造の研究」で東京大学文学博士[1]
  • 1997年 東京大学人文社会系研究科助教授
  • 2007年 東京大学人文社会系研究科准教授
  • 2010年7月 東京大学人文社会系研究科教授[2]

人物編集

  • 律令法や国家財政を研究の中心としている。日本古代の律令制を東アジアの範囲に位置付け、日本固有の部分を明らかにするとともに、古代天皇制の特質を探求している[3]
  • 指導教官は笹山晴生土田直鎮。畿内王権論や律令国家の収取制度の研究、石母田正吉田孝の律令制度研究の手法を受け継ぎ、東京大学東洋文化研究所池田温の研究班に参加に日唐律令比較研究を通して古代日本の収取制度研究を深化させた[要出典]

著書編集

  • 『律令国家支配構造の研究』岩波書店 1993
  • 『古代の天皇制』岩波書店 1999
  • 『日本の歴史 第6巻 道長と宮廷社会』講談社 2001、講談社学術文庫 2009。編集委員
  • 『日唐律令制の財政構造』岩波書店 2006
  • 『日本古代史を学ぶ』岩波書店 2009
  • 天皇の歴史 第1巻 神話から歴史へ』講談社 2010、講談社学術文庫 2017
  • 『律令制とはなにか』山川出版社 日本史リブレット 2013

共著編著編集

  • 日本の歴史 第8巻 古代天皇制を考える 講談社, 2001 同学術文庫,2009
  • 王権を考える 山川出版社, 2006 (史学会シンポジウム叢書)
  • 『律令制研究入門』編 名著刊行会 歴史学叢書 2011

脚注編集

関連項目編集