この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

籾殻(もみがら)とは、(籾米)の最も外側にある皮の部分のこと。粗糠(あらぬか)、磨糠(すりぬか)、籾糠(もみぬか)、また単に(もみ)ともいわれる。

籾殻
籾殻を飛ばす作業。大正時代

概要編集

正常に成長し十分成熟したイネは、その穂の部分に籾をこしらえる。籾殻は籾の内容物を外部から保護する役割を担っている。を食用とする人は稲刈り後、脱穀籾摺りの過程を経て玄米を得る。この調製作業で籾殻が発生する。

籾殻は従来、燻炭土壌改良材)や堆肥の原料、暗渠資材、家畜の敷料、養液栽培用の培地などとして利用されてきた[1]。籾殻の成分はセルロースヘミセルロースリグニンなど難分解性有機物が大半である[2]ため腐熟は遅いが、そのままあるいは発酵促進剤で処理し、圃場に鋤込んで土壌改良に用いられることもある[3][4]

現代では廃棄物処理法改正による野焼きの制限や、ライスセンターカントリーエレベーターといった共同利用施設での籾摺りの増加により、圃場での燻炭作りが減り、また家畜の減少などにより、籾殻の使途が少なくなっている[1][2]

近年[いつ?]は籾殻ボイラーや、籾殻を加熱圧縮した固形燃料の「モミガライト」、バイオコークス[5]など、燃料としての高度活用が図られている。ヤンマーは籾殻をガス化させて燃やすバイオマス火力発電を研究している[6]

籾殻はシリカ(ケイ酸)を豊富に含み、燃焼後の灰・燻炭を肥料などに二次利用することもできるが、高温燃焼に伴い発癌性物質で不溶性である結晶質シリカが生成するため、二次利用にあたってはこれらを抑制する技術が求められる[7][8]

脚注・出典編集