メインメニューを開く

粟田女王(あわたじょおう/あわたのおおきみ、生年不詳 - 天平宝字8年5月4日764年6月7日))は、奈良時代皇族女官歌人正三位

出自不詳だが、初叙が従四位下[1]であることから天皇の三世王(皇曽孫)と推察される。

養老7年(723年)1月、従四位下に初叙される。天平11年(739年)1月、従四位上に昇叙される[2]。天平16年(794年)、左大臣橘諸兄が自邸に元正上皇を招いた宴において河内女王天武天皇孫)らと参席し歌を詠んだ(『万葉集』18-4060)。天平20年(748年)3月、正四位上に昇叙される。天平宝字5年(761年)6月、光明皇太后の周忌斎会に奉仕し従三位に昇叙され、その後正三位に進む。同年10月、保良宮遷都に伴い、県犬養夫人(県犬養広刀自)と共に稲4万束を賜わる。同8年5月4日に薨去。

『万葉集』に1首の歌が載る。

  • 月待ちて家にはゆかむ我が挿せるあから橘影に見えつつ(18-4060)[3]

脚注編集

  1. ^ 続日本紀
  2. ^ この時聖武天皇が中宮に御して授位を行ったとある。(『続日本紀』)
  3. ^ 左注に「右件歌者、在於左大臣橘卿之宅肆宴御歌并奏歌也」とあり、「左大臣橘卿」(橘諸兄)の邸で催された宴に列席したときに詠んだ歌。天平20年(748年)に田辺福麻呂越中大伴家持に伝誦し、記録された歌。

参考文献編集