メインメニューを開く

紀 麻呂(き の まろ)は、飛鳥時代公卿御史大夫紀大人の子。官位正三位大納言

 
紀麻呂
時代 飛鳥時代
生誕 斉明天皇5年(659年)?
死没 慶雲2年7月19日705年8月12日
官位 正三位大納言
主君 持統天皇文武天皇
氏族 紀氏
父母 父:紀大人
兄弟 麻呂古麻呂麻路、国益、飽邑、女子
依麻呂?、宿奈麻呂、男人宇美
奈賀岐娘
テンプレートを表示

目次

経歴編集

持統天皇7年(693年)直広肆(従五位下に相当)に叙せられる。大宝元年(701年)直広貳(従四位下に相当)から従三位に昇叙され、石上麻呂藤原不比等と共に大納言に任ぜられる。時期は不明ながら、中務卿大宰帥を兼任した。

慶雲2年(705年)7月19日薨去。一説では享年47。最終官位は大納言兼中務卿正三位。薨去にあたり文武天皇が深く悼み惜しんで、特別に葬儀と中納言高向麻呂により宣命が与えられた[1]

懐風藻』に漢詩作品が1首採録されている。

官歴編集

六国史』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 『公卿補任』
  2. ^ 紀麻路と同人とも想定される(宝賀[1986: 461])
  3. ^ 『続日本紀』延暦3年4月19日条
  4. ^ 『続日本紀』宝亀11年3月22日条

参考文献編集