紅の夢(くれないのゆめ)は、果肉の赤いリンゴの品種である。1994年より弘前大学の農学生命科学部附属生物共生教育研究センター藤崎農場にて紅玉スターキングデリシャスを交配させる育種研究を行っていたところ、偶然にも園内にあるエターズゴールドの台木に使われていた無名品種との自然交雑によって作出され、2010年に品種登録された青森県の特産品である。

紅の夢
リンゴ属
セイヨウリンゴ (Malus pumila)
交配 紅玉×不詳
品種 紅の夢
開発 塩崎雄之輔(弘前大学農学生命科学部附属生物共生教育研究センター藤崎農場)
テンプレートを表示

2010年、本品種のDNA解析をしたところ、父品種がスターキングデリシャスでないことが判明した。そこで果樹園内のリンゴ果樹を調査したところエターズゴールドとされる木が父品種と同定された。しかし本来のエターズゴールドは果肉が黄色いことを特徴とすることから、エターズゴールドとされる果樹は枯れて台木が生長した無名の品種となっていると推定した。よって父品種の名称は不詳のままとなっている。[1]

平川市内の加工業者の協力を得て開発した試作品を平川市立碇ヶ関中学校給食にて試食会を行ったところ、好評を得ることができた[2]2013年8月30日平川市内の農家から協力をえて栽培実証園が開園した[3]

東京にあるレストランのシェフ山本秀正原田慎次らから協力を得て、紅の夢を用いた特別料理を宣伝活動「青森りんごマルシェ」にて提供し、及活動をはじめる[4][5]

脚注編集

[ヘルプ]

参考文献編集

  • 五十嵐 恵; 初山 慶道、松本 和浩、塩崎 雄之輔 (2011-02). “DNA鑑定による赤肉系リンゴ新品種 '紅の夢' の親の推定”. 弘前大学農学生命科学部学術報告 (弘前大学) (13): 7-13. ISSN 13448897. NAID 120005320633. 
  • “魅力PRし売り出そう/赤肉リンゴ「紅の夢」”. 東奥日報. (2013年1月5日). http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2013/sha20130105.html 2013年9月21日閲覧。 
  • 成田亮 (2012年12月21日). “赤い果肉の「新リンゴ」立碇ヶ関中学校、給食で試食”. 東奥日報. http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/kurenainoyume/media.html 2013年9月21日閲覧。 

外部リンク編集