素安 了堂(そあん りょうどう、正応5年(1292年) - 延文5年10月20日1360年11月29日))は、鎌倉時代末から南北朝時代室町時代初期にかけての臨済宗禅僧

生涯編集

筑前国出身。同源道本の法を継ぎ、円覚寺建長寺に参じる。鎌倉の法泉寺や伊豆の吉祥寺を開き、建長寺や寿福寺の住持となった。諡号は本覚禅師[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ (『講談社日本人名大辞典』講談社、2001年)ISBN 4-06-210849-6

外部リンク編集