メインメニューを開く

細川 持春(ほそかわ もちはる)は、室町時代前期から中期にかけての武将歌人備中国浅口郡伊予国宇摩郡分郡守護細川満国の子。細川野州家2代当主。

 
細川持春
時代 室町時代前期 - 中期
生誕 応永7年(1400年
死没 寛正7年2月10日1466年2月24日
別名 六郎
戒名 玉林院殿常忻
官位 民部少輔下野守
幕府 室町幕府 備中浅口郡伊予宇摩郡分郡守護
主君 足利義教
氏族 細川野州家
父母 父:細川満国
教春政国賢春

生涯編集

父の跡を受け、伊予宇摩郡守護となる。しかし同郡の国人は持春に心服していなかったらしく、永享3年(1431年)9月、6代将軍足利義教に対し、宇摩郡に逃げた国人2名の討伐を申し出、許可を得て出陣の準備をしている(『満済准后日記』による)。嘉吉の乱に遭遇した際には、その場に踏みとどまり奮戦したものの片腕を切り落とされる重傷を負う。

よく和歌を詠み、その作品は『新続古今和歌集』にも収められている。寛正7年(1466年)2月10日没。享年67。

子・政国は、典厩家初代細川持賢の養子となり、典厩家(摂津分郡守護)を継いでいる。また教春の子孫には、高国稙国晴国通薫等がいる。

参考文献編集