メインメニューを開く

細川興生

日本の江戸時代の大名

細川 興生(ほそかわ おきなり)は、肥後国宇土藩の第3代藩主

 
細川 興生
時代 江戸時代中期
生誕 元禄12年(1699年
死没 元文2年1月7日1737年2月6日
改名 有清→興生
別名 梅山(号)
官位 従五位下、伊豆守、山城
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
肥後宇土藩
氏族 細川氏
父母 細川有孝
:坂口氏(妙持院)
正室松平頼貞の娘・戒光院
側室:児玉氏(了心院)、竹内氏
興里(長男)、興道(次男)、興文(三男)、なを(娘 京極高永正室/京極高永死後は梅寿院に改めた)[1]、娘(柳沢保卓正室)
テンプレートを表示

生涯編集

第2代主・細川有孝長男として生まれる。1703年(元禄16年9月6日)、有孝が病を理由に隠居し、その跡を継ぐ。この時の有清であったが、後に興生に改めた。1717年享保2年1月)、江戸町の火事の時に、一橋門の警護で功を挙げた。1735年(享保20年11月2日)、病を理由に隠居して家督を長男の興里に譲り、自らは梅山と号した。1737年(元文2年1月7日)、39歳で死去した。

脚注編集