組頭(くみがしら)は、与頭とも表記する。

  1. 江戸時代地方三役(村方三役)のひとつ。
  2. 江戸時代五人組の筆頭の五人組頭のこと。
  3. 戦国時代江戸時代における武士の編成単位(「」)の長。

概要編集

村落の組頭編集

東日本西日本で役割に若干の相違があると指摘されるが、身分百姓で一般には庄屋・名主を補佐する役職である。「年寄」とも。あるいは、組合村の代表者を「組頭」と称することもあった。北海道樺太および北方領土で組頭に相当する役職に「惣小使」や「小使」があり、蝦夷アイヌ)の有力者が松前藩箱館奉行の行う撫育政策(オムシャ)で任命[1]された。幕末になると惣小使は惣年寄に、小使も年寄にそれぞれ改称されている。

軍事組織の組頭編集

戦国・江戸時代の「組」は、領主の家ごとに違いがある。「組」とは、武士の編成単位で、本来は戦闘の単位(軍事組織)であるが、平時にも身分等級によってが与えられ、組に編成されていた。「組頭」とは、大名の家臣団組織のなかで、組を指揮した頭のことである。

江戸幕府編集

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ 榎森進、「日露和親条約」調印後の幕府の北方地域政策について」『東北学院大学論集 歴史と文化 (52)』 2014年 52巻 p.17-37, NAID 40020051072