経済社会学会(けいざいしゃかいがっかい、: The Society of Economic Sociology, SOES)は、経済社会学に関する日本の学術団体である。日本学術会議協力学術研究団体。日本経済学会連合加盟学会。1966年創立。

けいざいしゃかいがっかい
経済社会学会
英語名称 The Society of Economic Sociology
公用語表記 経済社会学会
略称 SOES
専門分野 経済学社会学
設立 1966年
刊行物 『経済社会学会年報』
表彰 高田保馬賞(本賞, 奨励賞)
ウェブサイト http:/www.waseda.jp/assoc-soes/
テンプレートを表示

概要編集

1966年(昭和41年)、経済社会学に関する諸研究の発達・普及を目的として創立された。全国大会(年1回)、および東部部会、西部部会、東西合同部会が開催されている。機関誌として『経済社会学会年報』を年1回発行する。
経済と社会の関連、経済との関連における社会分析を主要な課題とする。会員の研究分野は幅広く、経済学、社会学、社会保障論、組織論等にまたがる。

大会編集

全国大会は、毎年9月の土曜・日曜の2日間に開催される。大会での研究報告の募集は、例年3月頃に行われる。

部会編集

東日本の研究機関に所属する会員による東部部会、同じく西日本の西部部会が、それぞれ年2回程度(5月・12月)開催される。また東西合同部会が6月に開催される。

学会誌編集

『経済社会学会年報』が年1回(9月)発行される。自由投稿論文(査読あり)、大会報告論文(査読あり)、大会報告要旨、書評等から構成される。

学会賞編集

会員による優秀な業績を顕彰するために「高田保馬賞」が制定されている。本賞と奨励賞がある。

その他の活動編集

会員向けに「ニューズレター」が年2回発行されている。

会員資格編集

一般会員・学生会員・シニア会員・および賛助会員
入会申込書および申込方法については、経済社会学会HPに掲載されている。

歴代会長編集

酒井正三郎(故人), 北野熊喜男(故人), 板垣與一(故人), 内海洋一(故人), 富永健一, 野尻武敏, 田村正勝, 橋本昭一, 東條隆進, 足立正樹, 佐々木實雄, 森田雅憲

外部リンク編集