結婚戦争』(けっこんせんそう、イタリア語: Il marito è mio e l'ammazzo quando mi pare)は、1968年(昭和43年)製作・公開、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ監督のイタリア映画である[1][2]イタリア式コメディの1作である[1][2]

結婚戦争
Il marito è mio
e l'ammazzo quando mi pare
監督 パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
脚本 ヤヤ・フィアストリ
ルイジ・マーニ
ステファーノ・ストルッキ
原作 アルド・デ・ベネデッティ
製作 シルヴィオ・クレメンテッリ
出演者 カトリーヌ・スパーク
ハイウェル・ベネット
ヒュー・グリフィス
音楽 アルマンド・トロヴァヨーリ
撮影 ロベルト・ジェラルディ
編集 ルジェッロ・マストロヤンニ
製作会社 クレシ・チネマトグラフィカ
イタル=ノレッジョ・チネマトグラフィコ
配給 イタリアの旗 イタル=ノレッジョ・チネマトグラフィコ
公開 イタリアの旗 1968年2月8日
上映時間 イタリアの旗 100分
アメリカ合衆国の旗 110分
製作国 イタリアの旗 イタリア
テンプレートを表示

略歴・概要編集

本作は、1967年(昭和42年)、ローマの映画会社イタル=ノレッジョ・チネマトグラフィコが製作、イタリアの映画プロデューサーシルヴィオ・クレメンテッリが代表を務めるクレシ・チネマトグラフィカが企画製作を開始し、翌1968年に完成した[2]アルド・デ・ベネデッティの執筆した原案を、ヤヤ・フィアストリルイジ・マーニステファーノ・ストルッキの3人が脚本を共同執筆した[1][2]。劇伴音楽の作曲を行ったアルマンド・トロヴァヨーリは、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ作品には初登板であった[3]

本作は、イタル=ノレッジョ・チネマトグラフィコが配給し、イタリアでは1968年2月8日に公開された[2]。2006年(平成18年)9月6日、「94分」のヴァージョンでDVDが Koch Media によりイタリアで発売された。

日本では、2011年(平成23年)2月現在に至るまで劇場公開、テレビ放映、DVD等のビデオグラム販売等は行われていない[4]。アルマンド・トロヴァヨーリのベストアルバムスパーク・イン・シネマ』(1994年)、あるいは『チャオ!チャオ!トロヴァヨーリ』(2002年)等が日本で独自に編まれ、『結婚戦争』のタイトルで日本でも知られるところとなる。

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

クレジット順
アルファベット順

あらすじ編集

巨匠音楽家の老人イニャツィオ(ヒュー・グリフィス)と結婚した若く美しいアッレグラ(カトリーヌ・スパーク)は、若く美しい青年レオナルド(ハイウェル・ベネット)と出逢う。アッレグラはレオナルドとタッグを組み、夫イニャツィオを殺してしまおうと、あの手この手を仕掛けるが、どんなことをしても、偶然のタイミングで助かってしまう。不死身のイニャツィオに呆れ果て、アッレグラとレオナルドは逃げ出し、イニャツィオは再び演奏をたのしむ悠々自適の晩年に戻る。

脚注編集

  1. ^ a b c Il marito è mio e l'ammazzo quando mi pare, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2011年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e Il marito è mio e l'ammazzo quando mi pare, allmovie (英語), 2011年2月17日閲覧。
  3. ^ Armando Trovajoli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月17日閲覧。
  4. ^ パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ、allcinema ONLINE, 2011年2月17日閲覧。
  5. ^ Jaja Fiastri - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月17日閲覧。
  6. ^ Stefano Strucchi - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月17日閲覧。
  7. ^ Roberto Gerardi - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年2月17日閲覧。
  8. ^ Ital-Noleggio Cinematografico - IMDb(英語), 2011年2月17日閲覧。

参考文献編集

関連事項編集

外部リンク編集