続 守言(しょく しゅげん、生没年不詳)は、7世紀後半(飛鳥時代後期)にから日本)へ帰化した渡来人持統朝音博士

目次

略歴編集

660年、唐によって百済が滅亡したが、百済遺臣の鬼室福信らは国家再興のため反乱を起こし、唐人の続守言らを補えた。鬼室福信らは倭国に対し、人質となっていた百済王子余豊璋の帰国と、軍事支援を求めた。倭国はこれに応じて豊璋を送り出し、福信はその交換として続守言らを倭に送ったという[1]筑紫に送られた続守言らは、天智天皇2年(663年)2月頃、倭の都へ護送された[2]。彼ら俘虜100余名は近江国に住まわされ、その後美濃国不破方県両郡に移された。

続守言はその後、同じく渡来唐人であった薩弘恪とともに朝廷に仕え、持統天皇3年(689年)には稲を賜り[3]、同5年(691年)9月には銀20両を賜っている[4]。『日本書紀』にはこのとき続守言・薩弘恪は音博士であったと記されている。これは儒教経書を読む際に、当時の唐語(漢音)による音読法を教えるための役職であった(詳細は音道を参照)。翌年12月にも水田4町を賜っている[5]。このほか、飛鳥浄御原令の選定や、国史の編纂事業にも関わったと考えられている(後述)。没年は不明であるが、文武4年(700年)の大宝律令の選定奉勅者に薩弘恪の名前があるのに続守言の名は無いこと、国史編纂に関わっていたにもかかわらず続守言自身の来倭記事に不確定な記述があることから、持統6年(692年)12月14日から700年6月17日までの間に引退もしくは死亡したものとみられる[6]

日本書紀著作者の一人か編集

言語学者の森博達は、持統朝に編纂された日本初の正史日本書紀』について、音韻・真仮名の用字・文法・語彙などを精査し、正格調の漢文で書かれ倭習の少ないα群(巻14雄略紀から19欽明紀、巻24皇極紀から27天智紀)と、表記や文法に強い倭習が認められるβ群(巻1神代上から13允恭安康紀、巻22推古紀から23舒明紀)に分けて分析[7]。α群の著作者について、当時の唐の音韻を正確に把握している一方で倭の習俗・語法を理解できていない部分が多く認められることから、これらが渡来唐人一世によって書かれた可能性が高いとし、具体的な作者として続守言・薩弘恪を当てている[8]。上記の持統6年の水田4町賜与も書紀述作の功労と思われる。さらにα群の中でも巻14から巻19までと、巻24から巻27までは担当者が異なる形跡があり、後者の巻26にある続守言本人の来倭記事に自身が別伝を附することはあり得ないため、巻14から巻19までの作者が続守言であったと結論づけた[8]

参考文献編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 日本書紀』巻26 斉明7年(661年)十一月戊戌(7日)条「日本世記云。十一月。福信所獲唐人績守言等至于筑紫」。
  2. ^ 『日本書紀』巻27 天智天皇2年(663年)二月是月条「佐平福信上送唐俘續守言等」。
  3. ^ 『日本書紀』巻30 持統3年(689年)六月庚子(19日)条「賜大唐續守言。薩弘恪等稻。各有差」。
  4. ^ 『日本書紀』巻30 持統5年(691年)九月壬申(4日)条「賜音博士大唐續守言。薩弘恪。書博士百濟末士善信銀人廿両」。
  5. ^ 『日本書紀』巻30 持統6年(692年)十二月甲戌(14日)条「賜音博士續守言。薩弘恪水田人四町」。
  6. ^ 森1999、212頁。
  7. ^ 森1999、77-79頁。
  8. ^ a b 森1999、209-頁。