続拾遺和歌集』(しょくしゅういわかしゅう)は、建治2年(1276年)亀山上皇の命によって編纂が開始され、弘安元年(1278年)に奏覧された12番目の勅撰和歌集。20巻。撰者は二条為氏。主な歌人は後嵯峨上皇藤原為家藤原定家西園寺実氏藤原俊成藤原信実などで、約1500首を収める。序はない。武士の歌も収録されている。