メインメニューを開く

縁桂(えんかつら)とは、北海道乙部町国有林内にあるカツラ連理木

目次

概要編集

樹径6.0m・5.1m、樹高40mの2本のカツラが、高さ約7mの位置で枝が癒着結合した連理の巨木。

1973年(昭和48年)に北海道保護樹木に指定されている。

樹齢500年以上と推定されており、林野庁の「森の巨人たち百選」に指定され、縁結びの神様が宿るといわれている。

毎年地元神社の例大祭と同日(秋分の日)にイベントが行われており、樹前で結婚式を挙行するカップルもいる。

2012年(平成24年)8月18日付け日本経済新聞・NIKKEIプラス1の「何でもランキング「訪れたい神秘的な巨樹」」で、縄文杉鹿児島県屋久島町)続いて第2位に選ばれた。

保護の観点から、根元部分は祠のある正面以外立ち入ることができない。

姉妹樹編集

中華人民共和国湖南省張家界市武陵源世界遺産)内の「重歓木」(互いに連理の木である。)

アクセス編集

縁桂森林公園駐車場から徒歩約20分(駐車場まで函館から車で約1時間30分)

脚注編集