織田 信弌(おだ のぶかず)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は勘七郎。

 
織田信弌
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正10年6月2日1582年6月21日
別名 通称:勘七郎
主君 織田信長
氏族 大橋氏→織田氏
父母 父:大橋重長
母:織田信秀娘・くらの方
兄弟 大橋長将信弌
テンプレートを表示

生涯編集

尾張国津島に勢力を持つ豪族大橋重長の子であったが、母が織田信秀の娘・くらの方であり織田信長の甥だったことから、織田姓を名乗ることを許されて織田氏一門に加えられる。

天正9年(1581年)の織田信長京都御馬揃えでは馬揃連枝衆に名が見える。

天正10年(1582年)6月2日、本能寺の変にて討ち死にした。