メインメニューを開く

織田 信昌(おだ のぶまさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は四郎三郎。

 
織田信昌
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正2年8月2日1574年8月18日
別名 通称:四郎三郎
主君 織田信長
氏族 織田弾正忠家(勝幡織田氏)
父母 父:織田信光、養父:織田信実
兄弟 信成信昌、仙千代
津田長義森高次
テンプレートを表示

略歴編集

織田信光の次男として誕生。織田信成の弟。織田信実の養子に入る。

伊勢国北畠氏攻めでは、従兄弟である織田信長、信長の子・信雄、信長の弟・信包らの配下として活躍する。

天正2年(1574年)8月2日、第三次長島攻めで討死した。

系譜編集