メインメニューを開く

藤原 将広(ふじわら の まさひろ)は、室町時代武士管領斯波義将の近侍衆で織田氏の祖藤原信昌の子[1]受領名兵庫助。将広の「将」の字は義将より偏諱を受けたものである。

 
藤原将広
時代 室町時代
生誕 不明
死没 不明
官位 兵庫助
主君 斯波義将
氏族 織田氏
父母 父:藤原信昌
織田常松[1]
テンプレートを表示

尾張守護代の初代の織田常松の父とされる[1]

明徳4年(1393年)6月17日付の、劔神社に対する置文及び、同年7月付の「御管領左衛門守殿御感」などを箱に入れて納める際に記された添書に名前が記されている[1]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d 山﨑布美 織田氏の出現とその存在形態 東京大学史料編纂所研究紀要 第26号 2016年