メインメニューを開く

羅臼中継局(らうすちゅうけいきょく)は、北海道羅臼町礼文町の望郷台にあるテレビとFMの中継局である。ここでは羅臼中継局を補完する羅臼緑町中継局についても記述する。

羅臼テレビ・FM中継局

 
羅臼中継局(NHK釧路放送局)
現在はFM放送設備のみ
 
羅臼中継局(民放)
デジタルはNHK釧路放送局も民放局舎に隣接して新規建設(局舎のみ)

デジタルテレビ放送

リモコン
番号
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 HBC
北海道放送
45 1W 6.9W 水平偏波 北海道 約1,600世帯 2009年
11月27日
2 NHK
釧路教育
29 6.8W 全国放送
3 NHK
釧路総合
33 6.6W 釧根圏
5 STV
札幌テレビ放送
31 7.2W 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
27
7 TVh
テレビ北海道
35 未定 2015年
12月22日
8 UHB
北海道文化放送
43 6.9W 2009年
11月27日

アナログテレビ放送

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
2 NHK
釧路教育
映像10W/
音声2.5W
映像72W/
音声18W
垂直偏波 全国 - 1964年
9月30日
5 HTB
北海道テレビ放送
映像60W/
音声15W
北海道 1979年
9 NHK
釧路総合
映像66W/
音声16.5W
釧根圏 1964年
9月30日
11 HBC
北海道放送
映像59W/
音声14.5W
北海道 1979年
38 STV
札幌テレビ放送
映像89W/
音声22W
水平偏波
40 UHB
北海道文化放送
映像87W/
音声22W
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された。なお、TVhにはチャンネルが割り当てられなかった。

FMラジオ放送

周波数 放送局名 空中線
電力
EPR 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
88.8MHz NHK
釧路FM
10W 21W 垂直偏波 釧根圏 -

羅臼緑町テレビ中継局

デジタルテレビ放送

リモコン
番号
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 HBC
北海道放送
26
(18)
10mW 58mW 北海道 約600世帯 2010年
12月24日
2 NHK
釧路教育
14 全国
3 NHK
釧路総合
16 釧根圏
5 STV
札幌テレビ放送
20 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
22
7 TVh
テレビ北海道
13 未定 2015年
12月22日
8 UHB
北海道文化放送
24 58mW 2010年
12月24日
  • NHKには2010年8月6日、TVhを除く民放各局は同年11月16日に予備免許が交付され、11月25日に試験放送を開始。12月24日に本免許が交付され、同日運用を開始した[1]
  • TVhは2015年9月30日に予備免許が交付され[2]、11月16日に試験放送開始、12月22日に本免許が交付され、同日運用を開始した[1]
  • HBCは2013年1月21日に受信チャンネルが変更された[3]。( )内は変更前のチャンネルである。

アナログテレビ放送

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
50 UHB
北海道文化放送
映像100mW/
音声25mW
映像690mW/
音声170mW
水平偏波 北海道 約400世帯 -
52 NHK
釧路教育
映像690mW/
音声170mW
全国 1979年
11月16日
54 STV
札幌テレビ放送
映像690mW/
音声170mW
北海道 -
58 HTB
北海道テレビ放送
60 NHK
釧路総合
映像690mW/
音声170mW
釧根圏 1979年
11月16日
62 HBC
北海道放送
映像690mW/
音声175mW
北海道 -

放送エリア

  • 羅臼中継局…羅臼町沿岸。ただし、NHK-FMは標津町、別海町の一部地域でも受信できる。
  • 羅臼緑町中継局…国道334号沿いの羅臼町緑町、栄町、湯ノ沢町。

関連項目

脚注・出典

  1. ^ a b c d 北海道内地上デジタル放送局の開局状況(2015年12月22日現在) - 総務省北海道総合通信局、2015年12月22日閲覧
  2. ^ a b 地上デジタルテレビジョン放送局(中継局)の予備免許― 株式会社テレビ北海道(TVh)の8中継局 ― - 総務省総務省北海道総合通信局、2015年11月4日閲覧
  3. ^ デジサポ北海道から重要なお知らせです(「町政だより」(2013年1月10日発行) - 羅臼町)