羊 侃(よう がん、495年 - 549年)は、中国北魏およびの武将で政治家。は祖忻。本貫泰山郡梁父県

経歴編集

梁州刺史羊祉の子として生まれた。身長は7尺8寸(約191cm)あり、文武に優れた人物として知られていた。後に北魏の蕭宝寅の部下となり功績を得たが、528年にに帰参することとした。一族郎党を連れ、数万の兵と共に南下を行い、何度か戦を切り抜け(敗北含む)長江の北岸で「付いて来たとは言え、兵士の中には北方生まれの者もいよう」と考え軍勢を解散し、一族や付き従う者のみで南朝の梁の武帝へ降ることとした。北魏に仕えたまま重臣となった羊烈は従兄である。

梁に仕えた後は、徐州太守・太子左衛軍・侍中となり、冠軍将軍と呼ばれた。

547年、東魏から侯景が梁に降るという話があった時に、朱异の賛成論に真っ向から反対するものの、武帝は朱异を信任し、降伏を受け入れる。その後、侯景は高澄に敗北し、当初のとおり江北13州と10万の兵を失い、千人の敗残兵を伴って南朝に来ることとなると、朱异は受け入れを反対するが、羊侃は「一度、受け入れると言った以上、断ることはできない」と朱异の意見に反対する。武帝は朱异の意見をまたしても是とすることとなり、侯景は一度降伏を受け入れられたにも拘らず、一転断られるに至り、梁の首府である建康(現在の南京市)を攻略するべく、周辺から兵を集め10万の軍勢で建康を包囲する。羊侃は防衛戦の指揮を取ることとなり、数ヶ月にわたり守りぬく。

防衛戦の最中に、羊侃の長男である羊鷟(さく、族の下に鳥)が捕虜となり、降伏を呼びかけた。羊侃は「一族をささげて主君に報いるのにはまだ足りない」と言い、拒否した。数日後、長男が再度城壁前に連れられ、降伏を促した。羊侃は「お前はまだ死んでいなかったのか」と言って激怒し、自ら長男めがけて矢を放った[1]

建康防衛戦の最中の太清2年12月(西暦549年)、羊侃は過労で病死した。享年54。3か月後、台城は陥落した。城内にいた10余万人のうち、生き残ったのは2万人以下であった。武帝も侯景により監禁され、無念のうちに死去した。

子女編集

  • 長男 羊鷟 - 前述のとおり敵軍の捕虜となった後に行方不明。
  • 次男 羊球 - 位爵を継いだが数年後病死。
  • 三男 羊鵾(鵾は昆偏に鳥) - 侯景の建康入城後に隠棲したが、侯景が後述の姉妹を側室とした後、徴還に応じて庫直都督に任じられた。梁が建康を再奪取した時に侯景を殺し、梁に再出仕したが、数年後に戦死した。
  • 娘 - 侯景が側室とした。

脚注編集

  1. ^ 資治通鑑』梁紀十七、太清二年