メインメニューを開く
美森の大ヤマツツジ(指定木) 樹勢は衰え枯死が目立つ。
美森の大ヤマツツジ(指定木)
樹勢は衰え枯死が目立つ。
指定木の隣の大ヤマツツジ 指定木ではないが大きな個体である。右手に見える石柱は昭和10年の天然記念物指定当時に設置されたもの。
指定木の隣の大ヤマツツジ
指定木ではないが大きな個体である。右手に見える石柱は昭和10年の天然記念物指定当時に設置されたもの。
同上の個体の別アングル
同上の個体の別アングル
指定木より50メートルほど離れた森林内 ヤマツツジの群生地が広がる。 上記4画像とも2011年6月21日撮影
指定木より50メートルほど離れた森林内
ヤマツツジの群生地が広がる。
上記4画像とも2011年6月21日撮影

美森の大ヤマツツジ(うつくしもりのおおヤマツツジ)は、山梨県北杜市清里高原にあるヤマツツジ(学名:Rhododendron kaempferi)の巨木。

ヤマツツジ列では唯一の日本国指定の天然記念物であり、ツツジでは他に例を見ない巨木である。

概要編集

八ヶ岳主峰赤岳東麓に広がる清里高原の展望台として知られる美し森(標高1542メートル)の南側、カラマツの深い樹林帯の中にある。

この辺り一帯はレンゲツツジサラサドウダントウゴクミツバツツジなど、多くのツツジが自生しており、昭和初期には、このツツジ群落全体が山梨県の天然記念物に指定されたこともあり、昭和5年の調査では3本のヤマツツジの巨木があったことが資料に記されている[1]。天然記念物に指定された大ヤマツツジは1本で、樹高が2.5m、回り2.7m、枝回り24mもある巨大なもので、1935年昭和10年)6月7日に国の天然記念物に指定された[2]。近年では老衰による樹勢の衰え、また1996年平成8年)の異常低温などにより、株の大半が枯死してしまったが、周囲には多くのヤマツツジが見られる。例年6月中旬より下旬にかけて開花する。

所在地・交通手段編集

参考文献編集

  • 加藤陸奥雄他編『日本の天然記念物』、講談社、1995年3月20日 第1刷 p.465、p.467 ISBN 4-06-180589-4

脚注・出典編集

  1. ^ 山梨県:史蹟名勝天然記念物調査報告書第3輯 昭和3年、山梨県:『山梨県名木誌』 昭和5年
  2. ^ 文化庁国指定文化財等データベース - 美森の大ヤマツツジ

関連項目編集

外部リンク編集