メインメニューを開く

群馬県民の日(ぐんまけんみんのひ)は群馬県1985年に制定した記念日。毎年10月28日にあたり、県内の公立学校が休校となる。その他各種イベントや施設の割引などが行われる。

経緯編集

1983年第38回国民体育大会 (あかぎ国体)が行われ、県民の意識が高まったことがきっかけで「郷土の歴史を知り、郷土についての理解と関心を深め、自治の意識を高めるとともに、より豊かな郷土を築きあげることを期する日」[1]として1985年に制定された。

当初の候補編集

1984年に設置された制定懇談会によって県民の日の候補として挙がったのは次の3つである。[2]

歴史的に由緒があり、記念事業が実施しやすい等の理由で10月28日が選ばれた。

なお、旧暦の明治4年10月28日は太陽暦で1871年12月10日にあたるが、忙しい年末を避け、太陽暦10月28日を県民の日に制定した。

記念事業編集

鉄道編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 群馬県民の日を定める条例第1条
  2. ^ 県民の日の由来”. 群馬県. 2016年10月28日閲覧。
  3. ^ 群馬県民の日記念事業一覧”. 群馬県. 2016年10月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集