習 禎(しゅう てい、生没年不詳)は、後漢末期から三国時代にかけての政治家蜀漢に仕えた。文祥荊州襄陽郡の人。子に習忠。妹に龐林の妻(『襄陽記』)。孫に習隆。

概要編集

三国志』蜀書・楊戯伝が引く『襄陽記』によると習禎は洒脱な人物で、談論に巧みであり、龐統に次ぎ馬良より上の名声を持っていたとある。

211年、荊州より劉備に付き従って益州に入り、雒県郫県の県令を経て広漢太守に昇進した。他に詳しい事績は伝わっていないため、伝は立てられていない。

季漢輔臣賛』には、善良で広く志を伸ばし、荊州の地の優れた人物だったと評されている。

子の習忠も名声があり、後に尚書郎の位まで昇った。習忠の子の習隆は歩兵校尉となり、宮中の書物の校勘にあたった。

なお『襄陽耆旧記』(『襄陽記』)や『漢晋春秋』の著者である東晋習鑿歯は、この習禎の子孫である。

参考文献編集