メインメニューを開く

聖ゲオルギオス教会(せいゲオルギオスきょうかい、聖ゲオルギウス教会[1]、聖ジョージ教会〈: Church of St. Gorge〉)または、聖マリ・ギルギス・ギリシャ正教会 (Mari Buirgis)[2]、聖ジョージ修道院と教会(: Monastery 〈Convent〉 and Church of St. George)は、エジプトの首都カイロのコプト教地区 (Coptic Cairo) にあるギリシャ正教会および敷地内でつながる修道院である[1]。教会名は聖人である聖ゲオルギオスにちなむ。教会は10世紀[1]またはそれ以前にさかのぼる。ローマ時代に築かれたバビロン要塞の場所に位置しており[2]、現在の建造物は1904年の火災後に再建された[3]。聖ゲオルギオス教会は、円形教会としてはエジプトで唯一の建造物として知られる[1]

聖ゲオルギオス教会
北緯30度0分23秒 東経31度13分48秒 / 北緯30.00639度 東経31.23000度 / 30.00639; 31.23000座標: 北緯30度0分23秒 東経31度13分48秒 / 北緯30.00639度 東経31.23000度 / 30.00639; 31.23000
所在地 カイロ、コプト教地区(Coptic Cairo
 エジプト
教派 正教会(ギリシャ正教)
ウェブサイト patriarchateofalexandria.com
歴史
守護聖人 聖ゲオルギオス
建築物
建設年 10世紀
管轄
区分 アレクサンドリア総主教庁
聖職者
主教
(司教)
セオドロス2世 (アレクサンドリア総主教)
テンプレートを表示
修道院の入口

目次

画像編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 聖ゲオルギウス教会”. Egypt Tourism. エジプト観光庁 (2011年). 2013年12月30日閲覧。
  2. ^ a b 教会・修道院(カイロ)”. エジプト大使館 エジプト学・観光局 (2009年). 2013年12月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年6月24日閲覧。
  3. ^ Beattie, Andrew. Cairo: A Cultural History. Oxford University Press. pp. 70–71. 

関連項目編集

外部リンク編集

  • ST. GEORGE CONVENT”. Coptic Cairo. Supreme Council of Antiquities (2008年4月). 2013年12月30日閲覧。