メインメニューを開く

聖山 (長野県)

概要編集

聖高原の主峰で、四阿屋山冠着山とともに筑北三山のひとつに数えられる。古くから信仰の対象であり、「ひじり曇ればとなる」といわれるほど、地域の人々にとっての雨乞いの山である。山麓には36の寺院があり、長野県内では戸隠山と並んで崇められた。

地域ではアンテナのある山として有名で、放送局電話局の中継アンテナが立っている。山頂の眺望は360度ありとてもよい。

 
聖山の地形図

隣接する山編集

関連項目編集


外部リンク編集