聖職者

聖職から転送)

聖職者(せいしょくしゃ、: κλῆρος: clerus: clergy, cleric)とは、宗教上の聖職に就いている人[1]。(宗教的に)人々を導き、教える役割を果たしている人のことである[2]対義語は、平信徒

左からen:George Carey(カンタベリー大主教 1991–2002), en:Jonathan Sacks(イギリスのラビのリーダー), en:Mustafa Ceric(ボスニアのムフティー), en:Jim Wallis(Sojourners)2009年ダボス会議での様子
ウラジーミル・プーチン大統領と会見するロシア連邦の三宗教の代表者達(2001年2月)。左からダンバ・アユシェエフロシア語版ハンバ・ラマ英語版仏教の指導者)、タルガト・タジュディンロシア語版ムフティーイスラームの指導者)、アレクシイ2世モスクワ総主教正教の指導者)

概説編集

聖職という言葉には「神聖な職」という意味があり[3]、「聖職者」というのは、何らかの宗教において、人々に教えを説き、人々を導く役割を果たしている人のことを指している。

たいていの場合、各宗教ごとに特定の名で呼ばれている(キリスト教における司祭や、仏教における僧正など)。

信仰心が篤いだけでは、聖職者とは呼ばれない。信仰が篤いだけならば信者と呼ばれる。これに対し、各宗教で定められている規範に則り、その宗教を深く信仰することを誓約し(主に入信、入門と呼ばれている)、その宗教を信仰する上で大切な知識を学び作法を習得するという課程を修了して、各宗教団体内で認められ、一定の役割および呼称を与えられて、はじめて聖職者と呼ばれるようになる。

例外的に、宗教団体から指導的役割や地位を与えられていない者や破門を受けた者の場合であっても、多くの人々からの尊敬を集め、教えを説き、人々を導く役割を担っている人であれば、聖職者と呼ぶ場合もある。

キリスト教における聖職者編集

キリスト教では、「聖職者」と呼ぶ範囲・対象について、教派ごとに違いがある。

正教会では神品主教司祭輔祭)が聖職者と位置づけられる。神品以外の教衆副輔祭誦経者詠隊堂役等)は教役者には含まれるが、聖職者には含まれない[4]

カトリック教会では司教司祭助祭が聖職者であるとされる[5]。カトリック教会では聖職者と教役者はほぼ同義となっている[6]

聖公会では主教司祭執事が聖職者でありかつ教役者とされる。[7]伝道師等は教役者には含まれるが聖職者には含まれない。聖公会においては各教会の管理責任者は牧師の役職として位置づけられる[8]

プロテスタントでは「万人祭司」の教理から、牧師を聖職者とは呼ばず、「教役者」もしくは「教職者」と呼ぶ。教会での説教など職務の内容や性格は他から見て、カトリックの司祭などと同様に見える部分はあるため、一般的な日本語においては牧師も聖職者と呼ばれる[9]が、牧師が聖職者(司祭)でないというのは、プロテスタントの教義においては重要な点である。

三聖職位編集

三聖職位の教派別対照表
- 東方教会 西方教会
ギリシア語[10] 英語[11][12] 正教会[13] カトリック教会[14] 聖公会[15] プロテスタント
(一例)[16]
Επίσκοπος Bishop 主教 司教 主教 監督[* 1]
Πρεσβύτερος:聖職位
Πάτερ:呼称
Εφημέριος:役職
Priest:聖職位
Father:呼称
Rector, Parson:役職
司祭:聖職位
神父[* 2]:呼称
管轄司祭:役職
司祭:聖職位
神父:呼称
主任司祭:役職
司祭:聖職位
司祭/先生/(神父[* 3])/師[* 4]:呼称
牧師(Rector):役職[* 5]
(正教師:資格[* 6]
牧師/先生/師[* 4]:呼称
牧師(Pastor):役職[* 7]
Διάκονος Deacon 輔祭 助祭 執事 執事/副牧師/補教師[* 8]
  1. ^ ルーテル教会メソジスト監督教会などにおいて。位置付けは正教会/カトリック教会/聖公会などの主教/司教とは全く異なる。
  2. ^ コンスタンティノープル総主教庁系列などの一部の正教会では輔祭の敬称としても用いられる[17]
  3. ^ 英語圏では「Father」という敬称は比較的広く使われるが、日本では主にハイ・チャーチと呼ばれる教会において稀に用いられる。
  4. ^ a b かしこまった文書において、名前の後に敬称として付加する。
  5. ^ 概念はプロテスタントの牧師(Pastor)と全く異なり、一箇教会の主任聖職者たる司祭または主教のことを指す。
  6. ^ 日本基督教団などにおいて[18]聖職位ではなくあくまで「資格」であり、概念は司祭(Priest)とは全く異なる。
  7. ^ プロテスタントにおける牧師は、正教会、カトリック教会、聖公会における司祭とは位置付けが異なる。
  8. ^ プロテスタントにおける執事・副牧師・補教師の位置付けは多様であるが、いずれにしても正教会における輔祭、カトリック教会における助祭、聖公会における執事とは、位置付けや役割が異なることが多い。特に改革派教会では(教職者ではない)信徒が執事に任ぜられる[16]

イスラームにおける聖職者編集

イスラームにおいて聖職者に当たるのはウラマーと呼ばれる人々である。キリスト教やユダヤ教やイスラームなどのアブラハムの宗教系の一神教においては聖職者(Priest)とは神と人間の間を取り持つという意味があり、考え様によっては一般の人より神に近い、つまりより神聖であると考えられうる[要出典]。イスラームの建前としては神と人との間に仲介役を入れる、あるいは信徒間に階級差を設けることを嫌う傾向があり、ウラマーは聖職者ではない、とか、イスラームには聖職者はいない、と主張される。日本語の「聖職者」はアブラハムの宗教系一神教独特の事情とは関係ない概念であるが、一部のイスラーム教徒がこのような主張をするので意味が通じず誤解が起こっている。

仏教編集

仏教にはという概念があるが、「聖職者」という時、仏教の高僧なども指していることがある。

転用、比喩編集

学校教師はただ教科を教えるだけでなく、人間としての生き方を教えることを期待されるので、しばしば「聖職者」と形容されるが、これは本来的な用法ではない。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集