肉体と幻想』(にくたいとげんそう、Flesh and Fantasy[3]は、1943年アメリカ合衆国アンソロジー映画。監督はジュリアン・デュヴィヴィエ。出演はエドワード・G・ロビンソンシャルル・ボワイエロバート・カミングスバーバラ・スタンウィックなど。デュヴィヴィエ監督の前作『運命の饗宴』(1942年)のヒットを受けて作られた。2人のクラブ会員が超自然現象を扱った3つの物語を読み聞かせる形式。原作はそれぞれエリス・セント・ジョセフ、オスカー・ワイルド、ラスロ・ヴァドナイ。

肉体と幻想
Flesh and Fantasy
Thomas Mitchell and Edward G. Robinson - Flesh and Fantasy.jpg
第2話からトーマス・ミッチェル(左)とエドワード・G・ロビンソン
監督 ジュリアン・デュヴィヴィエ
脚本 アーネスト・パスカル
サミュエル・ホッフェンスタイン
エリス・セント・ジョセフ
原作 エリス・セント・ジョセフ(第1話)
オスカー・ワイルド(第2話)
ラスロ・ヴァドナイ(第3話)
製作 ジュリアン・デュヴィヴィエ
シャルル・ボワイエ
出演者 ベティ・フィールド
エドワード・G・ロビンソン
シャルル・ボワイエ
バーバラ・スタンウィック
音楽 アレクサンデル・タンスマン
撮影 スタンリー・コルテス英語版
ポール・イヴァノ
編集 アーサー・ヒルトン
製作会社 ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 セントラル映画社[1]
公開 アメリカ合衆国の旗 1943年10月29日}
日本の旗 1946年8月1日[1]
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,800,000[2]
テンプレートを表示

タイトルを『肉體と幻想』と表記しているチラシもある[4]

ストーリー編集

第1話編集

原作はエリス・セント・ジョセフ。舞台はルイジアナ州ニューオーリンズ。ヘンリエッタは法学部生のマイケルが好きだが、自分の容姿が醜いと思い告白できずにいる。マルディグラの夜、謎の紳士が美女の仮面を貸してくれる。マイケルは仮面をつけた彼女をヘンリエッタと知らずに恋をする。仮面の下の顔を見たいと懇願されるが、ヘンリエッタは拒否。真夜中になり仮面を返しにゆくが、謎の紳士はどこにもいない。マイケルに迫られヘンリエッタはついに仮面を脱ぐ。マイケルの想像通りヘンリエッタは美しかった。これまで醜かったのは、醜いと思いこむヘンリエッタの心のせいだった。

第2話編集

原作はオスカー・ワイルド「アーサー卿の犯罪」。舞台はロンドン。結婚間近の弁護士マーシャル・タイラーはあるパーティでことごとく未来を言い当てる手相見のポジャースを知る。自分も占ってもらうが教えられないという。それでも無理に訊き出すと、タイラーがまもなく殺人を犯すと告げられる。タイラーは不安に取り憑かれる。もうひとりのタイラーが悩むよりいっそ誰かを殺せばいいとけしかける。タイラーは余命いくばくもない老婦人に毒入りチョコレートを贈る。その老婦人が急死し、ほっとしたタイラーだが夫人の死は病死だった。混乱したタイラーは霧のロンドンをさまよう。そこにポジャースが通りかかる。タイラーはポジャースの首を締めて殺すが逮捕される。

第3話編集

原作はラスロ・ヴァドナイ。第2話のラストでタイラー逮捕の瞬間を見ていた綱渡りのポール・ギャスパーは最近悪夢に悩まされている。綱渡りの最中、客席に奇妙な耳飾りをした女を見て落下する夢だ。それが気になって綱渡りもできなくなる。ニューヨーク巡業のため大西洋航路に乗船すると、夢に出てきた女そっくりのジョーン・スタンリーと出会う。不思議な縁に導かれて、二人は愛し合う。しかし、ポールは別の悪夢を見る。ジョーンが警察に逮捕される夢だ。

ニューヨークでの公演。ジョーンが見守る中、心配していた綱渡りも成功する。悪夢を克服できたのだ。しかし、ジョーンの逮捕は正夢となる。ジョーンを愛するポールは、ジョーンが刑期を終えるまで待つと約束する。

キャスト編集

枠物語

第1話

第2話

第3話

制作編集

当初は4話構成の予定だった。もうひとつの話は、農夫(フランク・クレイヴン英語版)と盲目の娘(グロリア・ジーン英語版)の元に脱走した殺人鬼(アラン・カーティス)がやってくる話。ラストは嵐が吹き荒れ、殺人鬼から娘を救う。試写会では好評だったが、ユニバーサルはこのエピソードを削除。その穴をロバート・ベンチリーのユーモラスな枠物語で埋めた。しかし、ユニバーサルは削除したエピソードの映像を無駄にしたくなく、脚本ロイ・チャンスラー、監督レジナルド・ル・ボーグを起用し、長編映画『Destiny』(1944年)として完成、公開した[5]

出典編集

  1. ^ a b 肉体と幻想 - KINENOTE
  2. ^ “Top Grossers of the Season” (英語). Variety: p. 54. (1944年1月5日). https://archive.org/stream/variety153-1944-01#page/n51/mode/2up 2020年5月7日閲覧。 
  3. ^ S.Y weekly「デュヴィヴィエ特輯」のプログラム(発行:松竹株式会社宣伝課、昭和21年8月)ではタイトルは「肉体と幻想」
  4. ^ 日活名画座 No.57(昭和26年10月)
  5. ^ Tom Weaver, Michael Brunas and John Brunas. Universal Horrors: The Studios Classic Films, 1931-1946, 2007. Jefferson, NC: Mcfarland & Co Inc. 978-0786429745, pp. 463-468.

外部リンク編集