肉体の悪魔 (1947年の映画)

肉体の悪魔』(にくたいのあくま、Le Diable au corps )は、1947年フランス映画フランスの作家レイモン・ラディゲの処女作である同名小説の最初の映画化作品。ジェラール・フィリップ主演で、ジェラールの人気はこの映画が決定打になっていった。

肉体の悪魔
Le Diable au corps
Eiganotomo-lediableaucorps-nov1952.jpg
監督 クロード・オータン=ララ
脚本 ジャン・オーランシュ
ピエール・ボスト
撮影 ミシェル・ケルベ
公開 フランスの旗 1947年9月12日
日本の旗 1952年11月6日
上映時間 116分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

ストーリー編集

1917年、フランソワはリセに開設された臨時病院の見習看護婦マルトと知り合う。彼女は出征兵ラコンブ軍曹と婚約の間柄であったが、フランソワの情熱に惹かれて動揺。しかし、フランソワの自制とマルトの母の牽制で中断され、フランソワが田舎へ逃避している間にマルトはラコンブと結婚する。

半年後、二人は学校で再会する。フランソワは密かにマルトのアパートを訪れ、肉体の悪魔にひきずられるが、大戦の終結とともに断ち切られなければならぬという想いは同じであった。

マルトが妊娠し、お腹の膨らみが隠せなくなった時、マルトは夫にすべてを任せる気になった。フランソワには、それに抗う実力も勇気もなかった。別れの宴を思い出のレストランで過し、初めて逢い引きしたカフェに出かけ、終戦を祝う国歌を聞く。マルトは力つきて倒れ、間を引き裂かれる。凱旋した夫に手をとられつつ、マルトはフランソワの名を呼びつつ、愛の結晶を残して死んで行く。

主なキャスト編集

  • ジェラール・フィリップ:フランソワ・ジャベール(マルトに思いを寄せる17歳の青年)
  • ミシュリーヌ・プレール:マルト・グランジェー(戦時下の臨時病院に勤める篤志看護師)
  • ジャン・ララ:ジャック・ラコンブ(マルトの婚約者)
  • ジャン・ドビュクール(ジャン・ヴァラス):エドァルド・ジャベール(フランソワの父)
  • ジェルメーヌ・ルドワイヤン:(フランソワの母)
  • ドゥニーズ・グレイ:マルトの母
  • ジャック・タチ:バーの給仕

スタッフ編集

外部リンク編集