肉体の悪魔 (ラディゲ)

肉体の悪魔』(にくたいのあくま、Le Diable au corps )は、フランスの作家・レーモン・ラディゲ(Raymond Radiguet)の長編小説。原題は『魔に憑かれて』[1]。ラディゲが16歳から18歳の時に執筆された作品とされ[1]第一次世界大戦を背景に、放縦と無為に陥った少年と、出征中の夫がいる人妻との恋愛悲劇が冷徹で聡明な洞察力で描かれている[1]1923年に出版されたこの作品は、ラディゲの処女小説で代表作でもある。ベストセラーとなり、映画化もされている。

肉体の悪魔
Le Diable au corps
刊行本
刊行本
作者 レイモン・ラディゲ
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
ジャンル 長編小説
発表形態 書き下ろし
刊行 Bernard Grasset 1923年
訳者 波達夫
日本語訳刊行:アルス 1930年5月
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

登場人物編集

  • 僕:語り手。15歳の学生。
  • マルト:年上の女性。
  • ジャック:マルトの婚約者、後に夫。

あらすじ編集

1917年第一次世界大戦の最中、「僕」は年上の女性マルトと恋に落ちた。マルトには出征中のジャックという婚約者がいて、間もなく2人は結婚したが、その時にはマルトのジャックに対する愛は冷めていた。夫が前線で戦っている間、「僕」とマルトは毎晩のように愛し合った。そんなある日、マルトが「僕」に妊娠したことを打ち明けた。

分析と解説編集

ラディゲの処女作であるが、出版の年の1923年末に彼は死んだ。ラディゲは登場人物も事件もすべてフィクションで自叙伝的小説ではないと「私の処女小説」(『ヌーヴェル・リテレール』1923年3月号掲載)という短文内で述べたが、自らの体験から生まれたものであることは否定せず、客観的に見ても自伝的要素が含まれていることは疑いの余地はないものである[1]

その明晰かつ分析的正確さの点で、スタンダールラファイエット夫人らの小説と比較される。

おもな日本語翻訳刊行本編集

映画化編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 新庄嘉章「あとがき」(悪魔 1967, pp. 199-203)

参考文献編集

  • レイモン・ラディゲ新庄嘉章訳 『肉体の悪魔』(改版) 新潮文庫、1967年4月。ISBN 978-4102094020  初版は1954年12月
  • 江口清 『レイモン・ラディゲと日本の作家たち』 清水弘文堂、1973年4月。NCID BN03853639 
  • 三島由紀夫 『決定版 三島由紀夫全集26巻 評論1』 新潮社、2003年1月。ISBN 978-4106425660 
  • 三島由紀夫 『決定版 三島由紀夫全集27巻 評論2』 新潮社、2003年2月。ISBN 978-4106425677 
  • 三島由紀夫、鹿島茂編 『三島由紀夫のフランス文学講座』 ちくま文庫、1997年2月。ISBN 978-4480032478 

関連項目編集

外部リンク編集