メインメニューを開く

能見善久

能見 善久(のうみ よしひさ、1948年2月27日 - )は、日本の民法学者学習院大学教授東京大学名誉教授東京都品川区出身。

目次

人物編集

学習院中・高等科を経て、東京大学法学部卒業。学習院の同級生に元総務大臣鳩山邦夫、作曲家の都倉俊一日本郵政社長の長門正貢、元朝日新聞編集委員の萩谷順などがいる[1]

不法行為法契約法環境法の基礎理論、信託法人等について主に研究している。内戦後のカンボジアにおける法整備の支援にも尽力している。その後、2009年にカンボジア政府から勲章を授与されている。民法学者で同様に信託法で名高い四宮和夫に師事。

略歴編集

社会的活動編集

  • 信託法学会理事長
  • 日本私法学会理事長
  • 公益法人制度改革に関する有識者会議構成員
  • 新たな公益法人制度への移行準備に関する研究会座長
  • 公益法人の効率的・自律的な事業運営の在り方等に関する研究会座長
  • 原子力委員会原子力損害賠償制度専門部会構成員
  • 有限責任事業組合制度に関する研究会座長
  • 国土開発幹線自動車道建設会議委員
  • 原子力損害賠償紛争審査会会長

著書編集

単著編集

  • 『現代信託法』(有斐閣、2004年10月)

共著編集

  • 『民法講義6不法行為』(有斐閣大学叢書)のうち、「特殊な不法行為(3)民法719条を中心として」(1977年)
  • 『民法講義5契約』(有斐閣大学叢書)のうち、「委任・寄託」(1978年)
  • 『注釈民法(10)』(419条から422条)(有斐閣、1987年)
  • 『民法総則(第八版)』(四宮和夫の著書を共著の形式で継承)(弘文堂、2010年5月)

脚注編集

外部リンク編集