メインメニューを開く

脇坂 安坦(わきさか やすひら)は、江戸時代後期の武士播磨国龍野藩の世嗣。

 
脇坂安坦
時代 江戸時代後期
生誕 文化10年10月8日1813年10月31日
死没 天保10年2月9日1839年3月23日
官位 従五位下淡路守
播磨龍野藩世嗣
氏族 脇坂氏
父母 父:脇坂安董、母:松平定休娘・衛
兄弟 安宅安坦、雅子(秋月種任継室)、
寿子(島津重豪養女、内藤政優正室)、
秋月種博正室
正室:松平斉孝娘・恂子
継室:前田利幹娘・誼子

略歴編集

文化10年(1813年)、8代藩主・脇坂安董の次男として誕生。

次男ながら正室の子だったため、庶兄・安宅を差し置いて嫡子となった。しかし、家督を相続することなく天保10年(1839年)に死去。享年27。

代わって安宅が嫡子となった。